KANSAI UNIVERSITY

環境都市工学部

エネルギー・環境工学科 OB・OGからのメッセージ エネルギー・環境工学科 OB・OGからのメッセージ

株式会社日阪製作所

2017年3月 理工学研究科
環境都市工学専攻
博士課程前期課程 修了
岩城 百音

「熱ソリューション」という新しい価値で、お客様に貢献します。 「熱ソリューション」という新しい価値で、お客様に貢献します。

卒業生が活躍していることを知り、インターンシップに参加。女性社員も多く、女性ならではの悩みなどを相談できる環境が整っていることに魅力を感じて、この会社を志望しました。いまはあらゆる産業プロセスにおいて必要不可欠な流体の加熱、冷却を行うプレート式熱交換器の設計を担当。「熱ソリューション」という新しい価値の創造を通じて、お客様のプラントや設備の省エネ・省スペース・高効率運転の実現をめざしています。今後入社する社員たちの見本となれるように、さらにスキルを磨きたいです。より充実した大学生活を送るために、在学中はいましかできないことに挑戦して、新しい知識や技術を吸収する力を培ってください。

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社

2016年3月 環境都市工学部
エネルギー・環境工学科 卒業
竹山 千晴

事業の方向性や課題解決に必要な材料となる「調査」を行います。 事業の方向性や課題解決に必要な材料となる「調査」を行います。

主な業務は、事業の方向性を決めるため、業界動向を調査し、戦略策定につなげることです。私たちの出した結果が、新規事業の参入や売上拡大の指標ともなるため、責任重大です。今後は、より素早くお客様のニーズを先取りした事業展開をめざして、企画を立ち上げ、より快適な暮らしを提供したいと思います。そのためにもスピード感をもち、社内関係部署とうまくコミュニケーションを取りながら、仕事を進めます。私は大学での多くの人との関わりを通して、さまざまな知識を吸収してきました。皆さんも自分自身の視野を広げ、積極的にいろんなことにチャレンジしてください。学生生活で得た経験は自己を成長させ、社会生活において原動力となります。

サンスター株式会社

2014年3月 理工学研究科 ソーシャルデザイン専攻
博士課程前期課程 修了
松永 直之

ものづくりのプロセスをデザインし、生産設備の設計を行っています。 ものづくりのプロセスをデザインし、生産設備の設計を行っています。

エネルギー・環境工学科で学ぶことで、将来はエンジニアとして省エネプロセスや低環境負荷技術を用いて地球環境に貢献したいと考えるようになりました。今は工場のエンジニアとして、ものづくりのプロセスを考え、それを実現する設備の設計から、実際に導入するまでを担当しています。自分の考えた機械設備を作り出せるところが最大の魅力です。業務を進めるにあたっては、大学で学んだ理数系の知識はもちろん、研究室で学んだプレゼンテーションの技術も大いに役立っています。大学では将来に役立つ知識や技術を身につけられるので、ぜひ将来のことも考えながら、やりたいことに積極的にチャレンジしてください。

株式会社ブリヂストン

2013年3月 理工学研究科 ソーシャルデザイン専攻
博士課程前期課程 修了
白倉 由布子

生産活動を通して地球環境に貢献することが目標です。 生産活動を通して地球環境に貢献することが目標です。

私の主要な業務は、当社の生産拠点における排水中の油分トラブルリスク低減に取り組むことです。入社して間もない私ですが、これまで先輩方が取り組んでこられたことを引き継ぎながら、自ら考えたことをグローバルに展開できるところに醍醐味を感じます。また、当社の排水問題の根幹を追究する業務であるため、国内外にわたって影響が大きく、責任を伴う仕事であることも魅力の一つ。この仕事を通して環境トラブルのリスク低減に取り組み、当社の生産活動から地球環境に貢献していきたいと考えています。大学時代は、勉強はもちろん学外の活動も将来の財産となる時期です。皆さんも様々な知識を積極的に吸収し、それを社会で活躍するための基礎づくりにつなげてください。

住友化学株式会社

2013年3月 理工学研究科 ソーシャルデザイン専攻
修士課程前期課程 修了
岡 祐司

低コストで高品質な製品の製造工程を設計しています。 低コストで高品質な製品の製造工程を設計しています。

現在、私は製造部門のエンジニアとして、製造工程の合理化業務を担当しています。実際に自身で選定した条件で工場を運転し、効果が得られたときには大きな達成感が得られます。仕事は一人でやり遂げることは不可能で、必ずチームで進めます。業務を進めるにあたっては、大学の研究活動で培った自身の役割を考え行動する力が役立っています。今すべきことは何か考え、自ら積極的に取り組み、チームとして最大限の成果が出せるよう心がけています。大学では専門知識を身につけることはもちろん、自分の長所を磨くことも大切です。それは就職活動や将来実社会で働くときの武器になるでしょう。

このページの先頭へ