KANSAI UNIVERSITY

環境都市工学部

構造、人間心理、美的感覚をバランスよく学び、より良い住環境・都市空間の創造に取り組む。 構造、人間心理、美的感覚をバランスよく学び、より良い住環境・都市空間の創造に取り組む。

建築学は、私たちが最も身近な環境としての建物を対象としている学問であり、技術的な側面に限らず、社会的・文化的側面にも広がる領域を含んでいます。そこで本学科では、「災害に耐える建物の構造体としてのありかた」「都市や建物で快適に過ごすための環境」「建物が住む人に与える身体的・心理的問題」など、建築の専門知識はもちろん、人間心理や自然現象といった理系、文系分野の知識をバランスよく身につけることができるカリキュラムを用意し、これからの時代が求める、自然環境と共生し、豊かな生活を営むことができる空間をつくりあげる能力を育てます。

学びのスタイル

理工学研究科 環境都市工学専攻
博士課程前期課程 1年次生
東浦 隆介

研究テーマ

伝統集落における住み継がれるまちのかたち

消えつつある伝統集落を未来へ存続させる手法を研究。大きな模型を作って、広い視野で街全体をデザイン。 消えつつある伝統集落を未来へ存続させる手法を研究。大きな模型を作って、広い視野で街全体をデザイン。

2年次の授業で伝統集落の存在を知り、興味をもちました。私の地元・藤井寺にある寺内町も伝統集落のひとつ。大阪府で唯一、重要伝統的建造物群保存地区に指定され、中心は古い町並みが残っています。しかし、鉄道が敷かれて以降、駅を中心に市街地が広がるとともに、寺内町の輪郭であった土居が消滅しつつあります。新しい建物に少しずつ浸食されている現状を食い止めたいと考え、研究をスタートさせました。原因を探るため、寺内町にある伝統住宅を調査。「台所やお風呂などが使いにくい」「趣味を楽しむための部屋がない」など、古い家特有の住みにくさが理由で、若者の流入がなく高齢者中心となっていることが分かりました。そこで、伝統的な住宅はそのまま残し、町の輪郭部分に住民が共同で使える新たな施設を加えることで、消えつつある輪郭を取り戻すことを計画。伝統集落の魅力を残しつつ、住みやすい街をデザインすることで、未来に残せる街づくりを考えていきたいと思います。

教員は個性豊かでさまざまなフィールドで活躍。外部と協動で進めるプロジェクトも盛んです。

教員はそれぞれ特色のある研究に取り組み、個性豊かです。学生は自分の志向にあった研究室を選べるのが大きな魅力。建築は単独でできるものではなく、人と人が手を取り合って築き上げるものです。外部と進めるプロジェクトにも参加する機会を与え、個々の建築だけでなく、社会全体を考える建築的な視野、コミュニケーション力や協調性をもった人格の育成にも力を注いでいます。

建築学科 江川 直樹 教授

学びのキーワード

【空間デザイン】
【建築構造】
【住環境】

授業Pick upはこちら

取得できる資格

所定単位を修得すると資格を取得できるもの

高等学校教諭一種免許状〔工業〕、司書、司書教諭、学芸員
※申請中(ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる場合があります。)

卒業時に受験資格が得られるもの

甲種消防設備士

所定単位を修得すると受験資格が得られるもの

二級建築士
木造建築士

一定の実務経験を積むと受験資格が得られるもの

一級建築士(所定単位を修得することが必要)
建築施工管理技士
土木施工管理技士
造園施工管理技士
コンクリート診断士(講習を受講することが必要)

OB・OGからのメッセージはこちら
進路・就職情報はこちら

建築学科独自のホームページへ

このページの先頭へ