KANSAI UNIVERSITY

環境都市工学部

構造、人間心理、美的感覚をバランスよく学び、より良い住環境・都市空間の創造に取り組む。 構造、人間心理、美的感覚をバランスよく学び、より良い住環境・都市空間の創造に取り組む。

建築学は、私たちが最も身近な環境としての建物を対象としている学問であり、技術的な側面に限らず、社会的・文化的側面にも広がる領域を含んでいます。そこで本学科では、「災害に耐える建物の構造体としてのありかた」「都市や建物で快適に過ごすための環境」「建物が住む人に与える身体的・心理的問題」など、建築の専門知識はもちろん、人間心理や自然現象といった理系、文系分野の知識をバランスよく身につけることができるカリキュラムを用意し、これからの時代が求める、自然環境と共生し、豊かな生活を営むことができる空間をつくりあげる能力を育てます。

学びのスタイル

建築学科 2017年3月卒業
定行 美穂

研究テーマ

色覚異常を想定した地下街のサインに関する研究

色覚に着目して、大阪梅田地下街のサインを調査。内定したハウスメーカーでも色彩にこだわりたい。 色覚に着目して、大阪梅田地下街のサインを調査。内定したハウスメーカーでも色彩にこだわりたい。

3年次の授業でピクトグラムについて学んだことをきっかけに、地下街のサインを研究テーマに選びました。サインは、色彩とピクトグラムが一体化した構造です。目の病気で色が判別しにくい方の場合、どのように認識しているのかを検証しました。赤と緑それぞれの色覚異常を疑似体験できるメガネをかけた場合、何もかけない場合の3パターンに分け、大阪梅田の地下街で実験。学生数十名の協力を得て、歩き方、行動、見たサインの違いを調べました。さらに「すぐ見つかるか」「すぐ理解できるか」「目的地への移動に役立つか」という3つの質問を投げかけ、全てのサインを5段階で評価。目を引くはずの赤が、色覚異常だと黒に見えて認識しづらく、比較的誰にでも見やすい色は青という結果が出ました。見過ごしがちなことを明らかにできるのが研究の魅力だと感じました。就職先はハウスメーカーです。色彩にこだわった家づくりに力を入れ、真っ白になりがちな場所にアクセントになる色を加えて落ち着きを演出するなどの工夫を考えています。

建物を含めた街全体を体感し、ヒントを発見して、能動的に研究することで多くのことをつかめます。

幅広い分野をカバーし、先生方の得意分野も多種多様な学科。建物を含めた街全体の音、匂い、温度、空気感など多くの判断材料を得て、五感はもちろん六感も働かせるフィールドワークは、特に大きな魅力です。アンテナを張って自分自身でヒントを発見し、面白いと思ったことを深めてほしい。「こんなことがしたい」という希望を持って、先生と一緒に考えていく姿勢を歓迎します。

建築学科 亀谷 義浩 教授

学びのキーワード

【空間デザイン】
【建築構造】
【住環境】

授業Pick upはこちら

取得できる資格

所定単位を修得すると資格を取得できるもの

高等学校教諭一種免許状〔工業〕、司書、司書教諭、学芸員

卒業時に受験資格が得られるもの

甲種消防設備士

所定単位を修得すると受験資格が得られるもの

二級建築士
木造建築士

一定の実務経験を積むと受験資格が得られるもの

一級建築士(所定単位を修得することが必要)
建築施工管理技士
土木施工管理技士
造園施工管理技士
コンクリート診断士(講習を受講することが必要)

OB・OGからのメッセージはこちら
進路・就職情報はこちら

建築学科独自のホームページへ

このページの先頭へ