KANSAI UNIVERSITY

環境都市工学部

都市の防災・環境・交通問題を解決し、安全・安心で快適な未来都市を創造する。 都市の防災・環境・交通問題を解決し、安全・安心で快適な未来都市を創造する。

  • 写真提供:阪神高速道路株式会社

現代の都市は、高度な機能を備えた社会基盤・情報基盤により支えられ、発展してきました。しかし、人口の過密、交通混雑、環境汚染、自然災害に対するもろさなど、多くの問題が表面化しています。これらの問題に取り組むには、都市を社会システムとして幅広い観点からとらえ直し、さまざまな情報の整理に基づいて、そのシステムを計画し、設計し、管理・運営していかなければなりません。本学科では、自然環境に調和した持続可能な都市を創造するため、環境、情報、マネジメントなども含めた統一的な視点に基づき、都市システムを計画、設計および維持管理するために必要な知識と技術を修得し、まちづくりを担う技術者・研究者となることをめざします。

学びのスタイル

理工学研究科 環境都市工学専攻
博士課程前期課程 2年次生
柏木 敬

研究テーマ

地震時の地盤挙動に関する遠心模型実験と有効応力解析

地震と地盤の挙動の関連性に着目。実験を重ねながら、より強く安全な工法を研究。 地震と地盤の挙動の関連性に着目。実験を重ねながら、より強く安全な工法を研究。

学部生時代には、地震の時に引き起こされる地すべりのメカニズムについて研究を行いました。現在は、盛土の沈下とそれに伴う周辺地盤の引き込み沈下を鋼矢板と呼ばれる板を地盤に打ち込み、抑制する部分浮き矢板工法(以下、PFS工法)について研究を行っています。この工法は従来、盛土のかさ上げの際に用いられるのですが、2016年の熊本地震の際、地震による沈下と側方流動に対しても効果的であったことが観測されました。そこで研究室では、遠心加速度を利用することによって縮小模型でも実物大の挙動を再現することのできる遠心模型実験と多重せん断機構によって砂の挙動を再現できる解析プログラムFLIPを駆使して、PFS工法の有効性に対して検討を行いました。具体的には、盛土が築造されている砂状の地盤に対して、様々な形状の鋼矢板を用いた時の沈下量の差を比べることによって、対策工の効果を把握しました。こうした研究を進めていくことによって、それぞれの地盤に応じた適切で安全な工法を提案することが可能になります。今後は引き続き、粘性土地盤に対するPFS工法の有効性について検討を行う予定です。将来的には、人の暮らしを支え、安全な街づくりに貢献できる人材になりたいと思っています。

土木工学は、社会の縁の下の力持ち。
ドローンなど情報系装置を活用した研究も。

何気なく通っている橋やトンネルなどの工事にも土木工学の研究成果が生かされ、地震などの災害で壊れない安全な構造物を作る技術が発展してきました。最近では無人航空機ドローンを使って空から測量を行い、掘削範囲を最適化しコストを抑え、短期間で工事を行う技術も実用化されています。従来の土木工学に加え、都市情報システムについて学べるコースもあり、先進の技術に対応できる人材の養成をめざしています。

都市システム工学科
飛田 哲男 准教授

学びのキーワード

【社会基盤施設】
【環境】
【ユビキタス】

授業Pick upはこちら

コース紹介

2年次の春学期からコースに分かれて学習します。

都市デザインコース

安全で機能的な都市の社会基盤を設計・建設・維持管理できる技術者をめざします

◆特徴:道路・鉄道・上下水道・河川・港湾などの社会基盤施設を設計・建設・維持管理するための知識を学びます。自然条件、社会条件、環境条件を総合的に判断して、社会基盤施設や構造物をデザインする方法を学びます。

都市環境計画コース

環境に配慮した都市の社会基盤を包括的に計画できる技術者をめざします

◆特徴:人口の減少や地球環境の変化に対処し、都市機能を持続的に発展させる方法を学びます。市民のニーズ・意見をくみ上げて、統一的な視点で都市計画を立案し遂行する方法を学びます。

都市情報システムコース

都市の情報基盤を企画立案、開発、維持管理する情報システム技術者をめざします

◆特徴:防災、交通・通信、生産・流通、金融など、都市を支えるシステムを効率的に管理・運営する方法を学びます。コンピュータ、ネットワーク、セキュリティ、ソフトウエアの開発技法など、最新の情報通信技術を学びます。

  • 地下浸水時避難実験

  • 19世紀の橋と新交通システム

  • 水と緑の溢れる環境共生都市(パリ)

  • 賑わうイステゥラール通り(イスタンブール)

  • ユビキタス情報システム

  • 最適化手法により求めた緊急へリポートの配置案

取得できる資格

所定単位を修得し申請することで資格を取得できるもの

測量士補(都市デザインコース・都市環境計画コースのみ)

卒業時に受験資格が得られるもの

甲種消防設備士

試験が一部免除されるもの

土地家屋調査士(測量士補取得が必要)

所定単位を修得し一定の実務経験を積むと資格を取得できるもの

測量士(都市デザインコース・都市環境計画コースのみ)

一定の実務経験を積むと受験資格が得られるもの

土木施工管理技士
建築施工管理技士
造園施工管理技士
コンクリート診断士※1※2
コンクリート構造診断士※1※2
コンクリート主任技士※1
コンクリート技士※1
土木鋼構造診断士※2
土木鋼構造診断士補※2

  • ※1 所定単位を修得することが必要
  • ※2 講習を受講することが必要

資格によっては、学部あるいは大学院在学中に受験資格が得られるものもあるので、詳細な要件についてはそれぞれ確認してください。

所定単位を修得すると資格を取得できるもの

中学校教諭一種免許状〔数学〕※3
高等学校教諭一種免許状〔数学・情報・工業〕※3
司書、司書教諭、学芸員

  • ※3 いずれも申請中(ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる場合があります。)

資格取得に配慮したカリキュラムが組まれているもの

技術士※4
土木学会認定技術者
シビル・コンサルティング・マネージャー
情報処理技術者(応用情報技術者)

  • ※4 都市デザインコース・都市環境計画コースは、技術士第一次試験の受験が免除されます。

都市デザインコース・都市環境計画コースは、卒業時、修習技術者(技術士補となる資格を有する者)となれるJABEEプログラムとして認定を受けています。

OB・OGからのメッセージはこちら
進路・就職情報はこちら

都市システム工学科独自のホームページへ

このページの先頭へ