KANSAI UNIVERSITY

環境都市工学部

都市の防災・環境・交通問題を解決し、安全・安心で快適な未来都市を創造する。 都市の防災・環境・交通問題を解決し、安全・安心で快適な未来都市を創造する。

  • 写真提供:阪神高速道路株式会社

現代の都市は、高度な機能を備えた社会基盤・情報基盤により支えられ、発展してきました。しかし、人口の過密、交通混雑、環境汚染、自然災害に対するもろさなど、多くの問題が表面化しています。これらの問題に取り組むには、都市を社会システムとして幅広い観点からとらえ直し、さまざまな情報の整理に基づいて、そのシステムを計画し、設計し、管理・運営していかなければなりません。本学科では、自然環境に調和した持続可能な都市を創造するため、環境、情報、マネジメントなども含めた統一的な視点に基づき、都市システムを計画、設計および維持管理するために必要な知識と技術を修得し、まちづくりを担う技術者・研究者となることをめざします。

学びのスタイル

理工学研究科 環境都市工学専攻
博士課程前期課程 2年次生
小橋 昭文

研究テーマ

地域に即した震災復興対策

土木機械など復旧の要を優先して確保した上で市町村の全体像や将来像に合った震災復興対策を。 土木機械など復旧の要を優先して確保した上で市町村の全体像や将来像に合った震災復興対策を。

3年次の夏に東日本大震災の被災地を訪ね、地震が街の機能を全壊させたことを全身で感じて衝撃を受けました。それをきっかけに、救助やインフラ復旧にすぐ必要な土木建設関連をはじめ、街の機能を担う施設や機器の重要性を再認識。それらを生かした地域ごとの復旧・復興計画の必要性を痛感しました。南海トラフ地震の津波避難対策特別強化地域139市町村の面積、地形、人口、産業などを調べ、震災復興計画の課題を見つけ、地域に即した対策について研究しています。中でも過疎が進むと推定される地域では、復興の力が不足する可能性が高く、新しいまちづくりや廃棄物の処理に、近隣地域との連携が不可欠となるでしょう。そこで震災対策の中核を成す都市の市役所を訪ね、周辺市町村を支援する計画のヒアリングを実施。地域の実情に合わせた提案をまとめ、土木関連学会や国際シンポジウムで発表する機会にも恵まれました。この研究で得たことを社会に出てからも生かせるよう、常に意識を高く保ち、機会があれば行動に移せる人でありたいです。

震災復興対策を切り口にしたまちづくりなど、人々の幸せを考えて提案する人材を育成します。

公共性の高い事業に注目している人が興味をもつ学びが盛りだくさんの学科です。都市デザインコースは都市インフラ、都市環境計画コースは街全体の環境や健康、都市情報システムコースはシステムの生かし方に着目。フィールドワーク、実験、シミュレーション分析など、研究方法はさまざまです。官公庁、建設会社、コンサルティング会社、情報システム会社などからの人材ニーズがあります。

都市システム工学科
北詰 恵一 教授

学びのキーワード

【社会基盤施設】
【環境】
【ユビキタス】

授業Pick upはこちら

コース紹介

2年次の春学期からコースに分かれて学習します。

都市デザインコース

安全で機能的な都市の社会基盤を設計・建設・維持管理できる技術者をめざします

◆特徴:道路・鉄道・上下水道・河川・港湾などの社会基盤施設を設計・建設・維持管理するための知識を学びます。自然条件、社会条件、環境条件を総合的に判断して、社会基盤施設や構造物をデザインする方法を学びます。

都市環境計画コース

環境に配慮した都市の社会基盤を包括的に計画できる技術者をめざします

◆特徴:人口の減少や地球環境の変化に対処し、都市機能を持続的に発展させる方法を学びます。市民のニーズ・意見をくみ上げて、統一的な視点で都市計画を立案し遂行する方法を学びます。

都市情報システムコース

都市の情報基盤を企画立案、開発、維持管理する情報システム技術者をめざします

◆特徴:防災、交通・通信、生産・流通、金融など、都市を支えるシステムを効率的に管理・運営する方法を学びます。コンピュータ、ネットワーク、セキュリティ、ソフトウエアの開発技法など、最新の情報通信技術を学びます。

  • 地下浸水時避難実験

  • 19世紀の橋と新交通システム

  • 水と緑の溢れる環境共生都市(パリ)

  • 賑わうイステゥラール通り(イスタンブール)

  • ユビキタス情報システム

  • 最適化手法により求めた緊急へリポートの配置案

取得できる資格

所定単位を修得し申請することで資格を取得できるもの

測量士補(都市デザインコース・都市環境計画コースのみ)

卒業時に受験資格が得られるもの

甲種消防設備士

試験が一部免除されるもの

土地家屋調査士(測量士補取得が必要)

所定単位を修得し一定の実務経験を積むと資格を取得できるもの

測量士(都市デザインコース・都市環境計画コースのみ)

一定の実務経験を積むと受験資格が得られるもの

土木施工管理技士
建築施工管理技士
造園施工管理技士
コンクリート診断士※1※2
コンクリート構造診断士※1※2
コンクリート主任技士※1
コンクリート技士※1
土木鋼構造診断士※2
土木鋼構造診断士補※2

  • ※1 所定単位を修得することが必要
  • ※2 講習を受講することが必要

資格によっては、学部あるいは大学院在学中に受験資格が得られるものもあるので、詳細な要件についてはそれぞれ確認してください。

所定単位を修得すると資格を取得できるもの

中学校教諭一種免許状〔数学〕
高等学校教諭一種免許状〔数学・情報・工業〕
司書、司書教諭、学芸員

資格取得に配慮したカリキュラムが組まれているもの

技術士※3
土木学会認定技術者
シビル・コンサルティング・マネージャー
情報処理技術者(応用情報技術者)

  • ※3 都市デザインコース・都市環境計画コースは、技術士第一次試験の受験が免除されます。

都市デザインコース・都市環境計画コースは、卒業時、修習技術者(技術士補となる資格を有する者)となれるJABEEプログラムとして認定を受けています。

OB・OGからのメッセージはこちら
進路・就職情報はこちら

都市システム工学科独自のホームページへ

このページの先頭へ