学部概要

橋本 紀子ゼミ(データによる問題の解決)

社会においてプラクティカルなデータ分析を学ぼう。

ゼミのテーマ

パソコンを用いて、データを処理・分析する能力を身につけます。たとえば、全校生徒3万人のある大学の図書館前、朝10時に、1日何時間勉強していますか?というアンケートを50人にとったとします。平均時間は2時間となりました。
これより、この大学生の平均勉強時間は2時間です、と言えるでしょうか?おそらく、朝10時から図書館で勉強している人は真面目でしょう。
このアンケートを食堂で夜5時にとったとしたら、同じ結果がでるでしょうか?
アンケート人数はこれで十分だろうか?5人が1日10時間勉強して後の45人は1時間くらいと答えた場合、平均はこれでよいのか?
つまり、データの取り方はそれでよいのか?そのデータの分析は正しいか?
このようなことをゼミでは学び、自分で分析していきます。

ただゼミではもっと難しいことを学ぶと思ってください。データをどのように処理し、分析するかを自分で考えるのです。

ゼミの特徴

2年後期にパソコンの基礎、統計解析について大まかに学びます。基礎を学んだ後はパソコンを用いて、用意されたデータを使い、処理・分析の仕方を学びます。
課題が出ることもあります。基本的には発表は1人です。
統計ソフトを使い、データの処理・分析をし、それを使ってまとめるといった感じです。

ゼミの雰囲気

私たちの代は、みんなちょっとシャイだけど、それを先生が引っ張ってくれます。
課題が多いのがつらいですが、みんな頑張っています。

先生紹介

私たちが社会に出たときのことを考えてくれます。就職活動については親のように親身になってくれる先生です。

ゼミ生 今井 利明

  • 授業中の風景

    授業中の風景

一覧へ戻る

Page Top