関西大学 スポーツ振興グループ

  • 新着情報
  • 体育会部員の皆様へ
  • 事務室時間帯
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

体育会本部主催の行事

フレッシャーズキャンプ

毎年8月上旬、体育会の全新入生を対象に1泊2日で開催しており、講演会及び班別討論を通じて自身の考えをまとめ、最終発表で決意表明を行います。体育会員としての「自覚」を持たせるとともに、大学でスポーツをする意義や価値、責任について話し合うとともに、クラブの垣根を越えた横の繋がりを深めます。

  
年度 場所 テーマ
2019年度 琵琶湖グランドホテル
  • <講演者>
  • 岡田哲也氏 (スポーツアドミニストレーター/バレーボール部監督)
  • <講演テーマ>
  • 『目標』と「目標」の違いを知り、現在の目的を考え、設定する
  • <討論テーマ>
  • (第1回)過去から現在までを振り返る
  • (第2回)自分のなりたい姿、未来をイメージする
  • (第3回)体育会活動における「最終目的」からマインドマップを作成し自身の現状を把握する
2018年度 琵琶湖グランドホテル
  • <講演者>
  • 吉末和也氏 (ソフトボール部監督)
  • <講演テーマ>
  • 目的を持つことや自分自身と向き合うことの大切さ
  • <討論テーマ>
  • (第1回)目的の根拠を自分から探す
  • (第2回)入部時から現在までを振り返り『真の目的』を確立する
  • (第3回)「ありたい姿」を考える
  • (第4回)明日からの具体的な目標と行動を考える
2017年度 琵琶湖グランドホテル
  • <討論テーマ>
  • (第1回)自分年表を作成し、過去の自分を振り返る
  • (第2回)自分の未来を思い浮かべ、目標達成時のイメージを膨らませ、目標達成までの道筋を立てる
  • (第3回)大学入学後の自分自身を振り返り、現在自分が達成したい目標とそのために必要となる行動について考える
  • (第4回)自分が立てた目標と理由を仲間と共有する
2015年度〜2016年度 琵琶湖グランドホテル
  • <講演者>
  • 岡田哲也氏 (バレーボール部監督/confiance代表)
  • <講演テーマ>
  • 幸せになろう!〜KAISERSで活動する意味は?目的は?〜
  • <討論テーマ>
  • (第1回)自分年表を基に過去を振り返りる
  • (第2回)自分のなりたい姿(理想)とその理由(思い)を考える
  • (第3回)理想を現実にするために今すべきことを考える
2014年度 琵琶湖グランドホテル
  • <講演者>
  • 北川賢司氏 (株式会社関総研アドバイザーズ/体育会アメリカンフットボール部OB)
  • <討論テーマ>
  • 明確な狙い・目標を定めるためにまず自身の興味・関心のある事柄を探り、 狙いを達成するために必要となる具体的な行動を考える
2013年度 琵琶湖グランドホテル
  • <講演者>
  • 永田聡典先生 (人間健康学部)
  • <討論テーマ>
  • (1)繋がりをつくる
  • (2)関西大学体育会という組織を知る
  • (3)4年後と1年後の目標と具体的な行動を考える
2012年度 琵琶湖グランドホテル
  • <講演者>
  • 小田伸午教授 (人間健康学部)
  • <討論テーマ>
  • 「関西大学体育会でスポーツをする意義」とともに、自分自身の目標設定をする
2011年度 南淡路ロイヤルホテル
  • <講演者>
  • 小野善生准教授 (商学部)
  • <討論テーマ>
  • 人と人が支え合い、繋がりあう組織をつくる

リーダーズキャンプ

毎年12月、体育会各部の次年度の主将・主務を対象に、リーダーとしての自覚を高め、各部相互の関係を深めるために実施しています。成功例や失敗例を各部間で共有し、相乗効果で体育会が更に発展することを目指して開催しています。

年度 場所 テーマ
2019年度 ホテルクラシア大阪ベイ
  • <講演者>
  • 元野勝広氏 (アスリートキャリアカレッジ)
  • <討論>
  • (1)自分らしさを理解する
  • (2)自分らしさを活かしたリーダー像を確立する
  • (3)リーダーとしての意識を高める
  • (4)チーム像を確立し、自分の強みを生かした行動を考える
  • (5)理想のチームを率いる自分らしいリーダー像の確立
2018年度 ホテルクラシア大阪ベイ
  • <講演者>
  • 北原亘氏 (株式会社Criacao)
  • <討論>
  • (1)自分の追い求める理想のリーダー像について考える
  • (2)現状を踏まえたリーダー像について考える
  • (3)「自分の目指すべきリーダー像」について考える
  • (4)「自分の目指すべきリーダー像の確立」を決定し、とその後について考える
2017年度 高槻キャンパス高岳館
  • <講演者>
  • 丸山和大氏 (株式会社Criacao 代表取締役CEO)
  • <討論>
  • (1)自己分析を通して、自分自身を見つめ直し、自分の強みを導き出す
  • (2)クラブ間との交流を通して、自分の強みの活かし方を考える
  • (3)役職を知ると同時に、役職に対しての不安の解消を図る
  • (4)“自分の強みを活かしたリーダー像”を理解する
2016年度
  • ホテルコスモスクエア
  • 国際交流センター
  • <講演者>
  • 北川賢司氏 (アメリカンフットボール部OB/MIRACREATION株式会社)
  • <討論>
  • (1)リーダーに必要な能力を身につける
  • (2)なりたい姿を考え、その為に必要な要素・能力を考える
  • (3)競技目標の設定
  • (4)過去からチームを分析し、目標とのギャップを把握し、次なる手立てを考える
  • (5)チーム目標とそのギャップ並びに何をするか共有する
2015年度 南淡路ロイヤルホテル
  • <講演者>
  • (1)東剛史氏 (サッカー部コーチ)
  • (2)下敷領ゆう子氏 (バレーボール部コーチ)
  • <討論>
  • (1)体育会KAISERSのためにリーダーとしてできること
  • (2)各部における現状把握と課題解決のための取り組み
  • (3)具体的なリーダー像の宣言
2014年度 高槻キャンパス高岳館
  • <講演者>
  • (1)田尻悟郎教授 (野球部顧問/外国語学部)
  • (2)北川賢司氏 (アメリカンフットボール部OB/滑ヨ総研アドバイザーズ取締役)
  • <討論>
  • (1)体育会KAISERSのためにリーダーとしてできること
  • (2)各部における現状把握と課題解決のための取り組み
  • (3)具体的なリーダー像の宣言
2013年度 高槻キャンパス高岳館
  • <講演者>
  • (1)田中成典氏 (学生センター副所長)
  • (2)東剛史氏 (サッカー部コーチ)
  • <討論>
  • (1)リーダーとしての自覚を持つ
  • (2)リーダー同士のつながりをつくる
  • (3)サブリーダーの意識を高める
2012年度 高槻キャンパス高岳館
  • <講演者>
  • (1)黒田勇 (学生センター所長)
  • (2)河端隆志教授 (人間健康学部)
  • <討論>
  • ・体育会全体の方針を決める
  • ・主将・主務の役割とは
  • ・どんなチームにしたいか
2011年度 高槻キャンパス高岳館
  • <講演者>
  • 体育会指導者による講演(アメリカンフットボール部コーチ、拳法部コーチ)
  • <討論テーマ>
  • (1)来年度体育会を引っ張るリーダーとしての自覚を高める
  • (2)各自が部を見直し、部のまとめ方など具体的行動を考える
  • (3)主将・主務の意思統一をし、規律ある体育会にしていく

このページの先頭へ