特別研究

【公募研究班】大阪の災害の実態解明とデジタルメディア技術を用いた防災教育

研究代表者 城下 英行 社会安全学部・准教授
研究概要

 本研究は、大阪の防災・減災をテーマに課題解決に向けた研究を行うことで、防災・減災に関する成果はもちろんのこと、学の総合化という地域研究のさらなる進化を目指すものであり、具体的には、以下の2つの取り組みを実施する。

①大阪府北部地震の実態解明とそれに基づいた今後の地震災害の被害予測

②災害経験や将来予測を活用し、来たるべき巨大災害発生時に有効となる防災体制を構築するための教育手法の開発

(2021年度)大阪府北摂地域の行政機関や団体等において、大阪府北部地震に関する多様なデータを集めるための調査を実施する。また、こうした災害経験を伝承し、防災対策につなげるための防災教育実践を行う。そして、得られた教訓をひろく発信するためにプロジェクションマッピングによる防災教育手法の開発を行う。

(2022年度)初年度と同様に大阪府北部地震に関するデータ収集を行う。さらに前年度に得られた成果を広く伝えるようなプロジェクションマッピングの取り組みを行う。具体的には、大阪府北部地震をテーマにしたプロジェクションマッピングを高槻市内の中学校と連携して実施する予定である。そして、当該実践を通して得られたフィードバックを踏まえて、教育手法の改善を行う。

研究分担者

奥村 与志弘  社会安全学部・准教授

井浦 崇    総合情報学部・教授

研究期間 2021年度~2022年度(2年間)

特別研究一覧に戻る