KANSAI UNIVERSITY

化学生命工学部

クローズアップ授業 クローズアップ授業

化学・物質工学科

石川 正司 教授 他
科目名:基礎化学実験

基本的な実験を通して、 将来の専門研究に必要な考察力を育てます。 基本的な実験を通して、 将来の専門研究に必要な考察力を育てます。

化学実験の基本的な手法を学び、研究に必要な考察力を養うことが授業の目的。この金属イオンの分析実験では、溶液に含まれている成分が何なのかを学生に分析してもらいます。実験の手順はテキストを見ればわかりますが、実際に手を動かして、時には失敗してみることが大切です。例えば試薬を薄めすぎると、正しい反応結果が出ないこともあります。どうして予想と違う結果が出たのか、実験のプロセスを振り返り、失敗の原因を考える習慣を身につけてほしい。年次が上がり、自分の研究テーマを深めていく際に、この考察力が必ず生きてくるはずです。

生命・生物工学科

福永 健治 教授
科目名:生化学IV

基礎的な知識や柔軟な思考を身につけ、 社会に巣立ってほしいと思います。 基礎的な知識や柔軟な思考を身につけ、 社会に巣立ってほしいと思います。

日ごろから学生には「自分の研究について、専門外の人にわかりやすく説明できるか」を意識して学んでほしいと話しています。例えば、企業の面接で化学の専門家でない人事担当者に「食物を摂取すると体内でどんな化学反応が起きるか」を順序立ててきちんと解説するのは、基本的なことが本当に理解できて初めて可能なことです。授業では、基本的な知識が記憶に残り、さらに理解が深まるように心がけて講義を進めています。ときには教科書に載っていないような話題も展開しますが、そのことで学生たちの意欲をもっと刺激できたらと考えています。

このページの先頭へ