KANSAI UNIVERSITY

化学生命工学部

学術情報一覧 表彰・受賞一覧 -教員- 学術情報一覧 表彰・受賞一覧 -教員-

生命・生物工学科 細見 亮太 准教授が公益社団法人 日本油化学会において23th J. Oleo Science Editor's Awardを受賞

氏名

細見 亮太

所属

化学生命工学部 生命・生物工学科(食品化学研究室)

受賞年日

2020年04月01日

大会・団体名

公益社団法人 日本油化学会

受賞名

23th J. Oleo Science Editor's Award

研究テーマ等

Effect of Dietary Oil Rich in Docosahexaenoic Acid-Bound Lysophosphatidylcholine Prepared from Fishery By-Products on Lipid and Fatty Acid Composition in Rat Liver and Brain

賞の概要

 公益社団法人 日本油化学会の英文誌Journal of Oleo Scienceの68巻8号に掲載された「Effect of Dietary Oil Rich in Docosahexaenoic Acid-Bound Lysophosphatidylcholine Prepared from Fishery By-Products on Lipid and Fatty Acid Composition in Rat Liver and Brain」が23th J. Oleo Science Editor's Awardを受賞しました。  本学会は、油脂を中心として、界面活性剤、バイオテクノロジー、健康機能性、バイオディーゼル燃料などの幅広い内容を網羅している学会である。  研究内容は、イカの加工副次産物を原料に酵素処理を行いドコサヘキサエン酸濃度を80%以上に高めたリゾホスファチジルコリンを調製し、これをラットに摂取したところ血清および肝臓中性脂肪濃度を低下させること、そして脳のDHA含量を高めることを見いだしたものである。  本賞は2019年のJournal of Oleo Scienceに掲載された学術論文のうち、Editorが優れた論文を選び授与されるものである。

このページの先頭へ