「ピア・サポート」って?

 ”ピア・サポート”とは、peer(仲間)support(支え合い)すなわち「仲間同士の支え合い」を意味します。

そして、関西大学ではピア・サポート活動を行う学生を、”関西大学ピア・サポータ”と呼びます。

関西大学における「ピア・サポート」

 関西大学では、平成19年度文部科学省「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム」に、「広がれ!学生自立型ピア・コミュニティ~関西大学で育む21世紀型学生気質~」が採択されたことでピア・サポート活動が始まりました。

 ピア・サポートの取り入れ方は、学校によってさまざまですが、関西大学においては、ピア・サポート活動を次のように考えています。

同じ大学で学ぶ学生を友人・仲間つまりピアとして、お互いに支援(サポート)しながら、主体的、積極的に活動できるキャンパス環境を、大学とともに創造し、学生と教職員が協働(コラボレーション)することで、より一層魅力的な関西大学の創造を目指すものである。

 そして、実際にこの取り組みを進めていくために、ピア・サポートの概要(コンセプト)を次のようにまとめました。

①全体的な取り組みとして、「学生が求める学生支援を、学生自らが実践する」、すなわち「学生総ピア・サポータ体制」の実現

②ピア・サポート活動でのさまざまな体験を通して、他社を思いやる豊かな人間性や社会人基礎力の涵養を図る

③関西大学への帰属意識を持った学生の育成

④関西大学内における「居場所」の創出

こうして、関西大学でピア・サポート活動を実践する団体として、「ピア・コミュニティ」が誕生しました。

「ピア・コミュニティ」とは?

 「ピア・コミュニティ」とは、主に大学内での相互支援活動において、共通の関心をもった学生がグループ(=コミュニティ)を形成し、大学教員や事務職員と連携しながら、組織的な相互支援(支え合う)活動を実践する学生の集合体を意味します。また、個々のピア・サポートが重層的に積み重なって学生相互支援のコミュニティが出来上がってほしいというイメージが込められています。

 下図は大学(教職員)とピア・コミュニティ(学生)いわゆる教職員と学生の関連図を示しています。

 この図にあるとおり、各ピア・コミュニティは関係部署と連携しており、またピア・コミュニティ間に上下関係はなく、どのコミュニティも等しい関係性にあります。普段は自分が所属するコミュニティでの活動を中心として、代表者会議を通じて活動の共有や情報交換等を行っています。

「ピア・コミュニティ」の仕組み

 まず”研修生”として加入後、「ピア・サポート研修」や「スキルアップ講座」など、ピア・コミュニティに所属する学生を対象とする講座を受講し、知識やスキルを高め、”ピア・サポータ”や”シニア・サポータ”へ認証されます。