高3 修学旅行に行ってきました

11月9日から11月12日の間、高校3年生が修学旅行に行きました。

1日目は静岡県の富士山麓でアクティヴィティを体験しました。朝7時頃、JR新大阪駅にアクティヴィティごとに集合しました。高校3年生にとっては、諦めかけていた修学旅行。昨年度の延期を経て、大学入学のための様々な試験を経て、やっと辿り着いた修学旅行。様々な制約を受けて、我慢を強いられた果てに、ようやく実施された修学旅行。集合時に素直な笑顔を見せる生徒達の表情は燦々と輝いていました。

新幹線に乗り込み、一路、JR静岡駅へ。そこからアクティヴィティの場所までバスで移動をしました。静岡駅到着時はなかなかの大雨で実施が心配されましたが、お昼頃には雨足もおさまり、無事にアクティヴィティを実施することができました。特に、ラフティングに関しては、雨の増水のおかげで通常よりも活発な活動となりました。

アクティヴィティが終わると、今度はバスで東京方面へ。横浜の日産スタジアム等を眺めて神奈川を抜け、右手に東京湾臨界の夜景を望みながら、お台場のフジテレビ、葛西臨海公園を経て、遂に、あの著名な遊園地の姿が。その煌びやかな電飾が見えた瞬間に、バスの車内には自然と拍手が起こり、感動の吐息が漏れていました。この後、ディズニーアンバサダーホテルにチェックインし、生徒達の夢の時間がここに始まりました。

2日目は、ディズニーランドでの一日散策。緊急事態宣言も明け来場者が増えたとは言え、まだまだ来場者の制限があり、多くの有名なアトラクションも20~30分待ちで乗れる状況でした。少し肌寒い中ではありましたが、大きなトラブルなく、2日目は夢の国でゆったりと過ごしました。アンバサダーホテル内でのテーブルマナーを兼ねた夕食も、ミュージカル仕立てで、ディズニーの雰囲気が楽しめる演出となっていました。食事にも、ホテルの装飾にも、至る所に隠れているミッキーを見つける度に、生徒達は興奮していました。

3日目は、ディズニーシーへ。ランドとは少し違ってこちらは異国情緒漂う大人の雰囲気。修学旅行最終日を、そしてディズニー最終日を惜しみながらも、園内を散策しながらディズニーシーの雰囲気を楽しんでいました。各クラス、担任の先生と記念写真を撮る姿が多く見られました。集合時間の15時には夢の時間も終わり、その後、バスと新幹線で帰阪の途につきました。3日間、大きな事故なく帰ってこられたことが何よりだと引率教員一同感じています。

この学年は、3年生のこのタイミングで修学旅行に行かなければ、修学旅行を経験しなかった学年になるところでしたが、先生方、保護者の皆さま、旅行社の皆さま、アクティヴィティやホテルのスタッフの皆さま、そうした多くの方々のおかげをもちまして、現高校3年生に高校生活の貴重な思い出を提供することができました。生徒達にも、皆さまの思いはしっかりと伝わっています。生徒達のアンケートから、いくつかコメントを抜粋します。


(生徒のコメント)
・コロナ禍でほとんどの学校が修学旅行を中止にしている中、先生たちが私たちのために行かせていただいたことにすごく感謝しています。ルールをしっかり守ってコロナ対策をして行った修学旅行とても楽しかったです。一生の思い出になりました。

・少し前までは修学旅行があるのか危ぶまれていたのでどうなるか不安だったけど、無事に行けてよかったです。全体的にとても楽しく、充実で濃い思い出を作ることができてよかったです。ありがとうございました。また行きたいです。

以上が生徒のコメントの抜粋です。こうしてすぐに思いが伝わった生徒もいますし、しばらく時間が経って大人になってから響く生徒もいるかと思います。ともあれ、皆様方のお気持ちとご助力に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

なお、生徒達には、旅行用のアルコール消毒セットと検温キットを配布し、修学旅行前および旅行中に、感染拡大防止のための指導を徹底しております。旅行中はこまめに検温を行い、体調管理の把握に努めています。


MicrosoftTeams-image (6).jpg MicrosoftTeams-image (7).jpg
MicrosoftTeams-image (8).jpg MicrosoftTeams-image (9).jpg
MicrosoftTeams-image (10).jpg MicrosoftTeams-image (11).jpg

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ