高校2年 修学旅行(北海道)【3日目】

 本日は北海道に来て一番のお天気で、朝から青空と太陽が顔を出していました。
 昨日の講習によって、生徒たちの肉体は確実に悲鳴をあげていましたが、それでもみんな朝から元気に大量のご飯を食べ、笑顔で講習に向かいました。


 講習では、昨日は天候の関係で閉鎖されていたレベルの高いゲレンデへ向かう班がたくさんありました。インストラクターさんの話によると、こんなにたくさんの班が難しいゲレンデに行ける学校は少ないそうです。
 そしてあっという間に迎える閉講式。スキーやスノーボードの技術だけでなく、笑ったり、出来なかったことができるようになって喜んだり、うまくいかなくて悔しい思いをしたり、そういうことすべてが生徒たちの思い出になってくれればいいなと思います。


 また、怪我などの理由でスキー・スノーボード講習を欠席した生徒たちは、本日、ホテルからバスで然別湖に行き、「しかりべつ湖コタン」と題された氷上の様々な催しを体験しました。氷を切り出してのジョッキづくり、氷上露天風呂、ICE迷路やイグルーに入って北海道ならではの雪のある暮らしを満喫しました。


 講習後には、ナイター滑走やホテルの冬季限定屋外施設アイスビレッジ(すべてが氷で作られた、文字通り「氷の村」です)散策を楽しみ、北海道最後の夜を楽しみました。

<生徒のコメント>
スキー体験では、一日目とは違い、山頂まで登りました。山頂からの景色は普段とは違い、壮大で感激しました。また、その景色を眺めながらの滑走はとても気持ちよく最高でした。
ナイターでは講習のグループは違う人たちと滑り、頑張っているところや上手なところを見て、感心しました。失敗している時もありましたが、それも笑って楽しく過ごすことができました。晩御飯は海鮮丼の食べ放題でした。サーモンは大阪と違って身が厚く、いくらはプリプリでとても美味しかったです。しかし一つだけ後悔していることがあります。それは、二杯目も完食しようと意気込んでいましたが、早い段階でペースダウンし、半分を友達に食べてもらわなければならなくなったことです。(H組修学旅行委員)

今回の修学旅行では、二日目三日目でスキー・スノーボード講習をしました。ほとんどの人が一からのスタートでした。最初は恐怖心があった人もいましたが、インストラクターさんの優しく丁寧なご指導のおかげで転んで雪まみれになりながら、少しずつ上手くなることができました。初めて見た時は急で怖かった斜面も最終的には楽しく滑り降りるぐらいまで成長し、スキー・スノーボードの楽しさを知ることができました。この講習を終えて、大阪では見ることのできない、一面の雪景色や雪のスポーツなどの滅多にできない経験ができ、本当に良かったと思います。(J組修学旅行委員)

150302h_tomamu01.jpg 150302h_tomamu02.jpg 150302h_tomamu03.jpg 150302h_tomamu04.jpg 150302h_tomamu05.jpg 150302h_tomamu06.jpg 

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ