高校1年生 狂言鑑賞教室に行ってきました

 

 6月11日(水)、高校第1学年は大阪能楽会館において狂言鑑賞教室を実施しました。 本校では、狂言・文楽と、学年をおって日本の古典芸能に触れる機会を設けています。

 狂言は多くの生徒にとってなじみのないもので、解説をしていただくまでは何が始まるのか予想もつかないようでした。能舞台という日常にはない空間を目にすることで、気持ちが引き締まり開始の時を待ちました。最初は狂言の解説、続いて附子(ぶす)、講話と演習、最後は清水という内容でした。曲の演奏もなく、狂言師の方の発声にのみ頼って行われる狂言は、笑いを引き出す工夫が随所にされ、古典世界に不慣れな生徒たちもたちまち笑いに引き込まれていきました。
 講話と演習では本校生徒5名が舞台に上がり、狂言の演技を体験させて頂き、 会場は大いに盛り上がっていました。終演の挨拶に立ってくださった次朗冠者の演じ手が、昨年本校で教育実習しておられたと種明かしされ、場内がどよめく一幕もありました。
 普段は縁遠い狂言の世界に一歩近づけた一日でした。

140611j_kyougen01.JPG

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ