KANSAI UNIVERSITY

地域連携事例集vol.3 Examples of resolving community issues 事例集(冊子版)全ページはこちら(PDF) 過去の冊子はこちら

  • HOME
  • 地域連携をお考えの方へ

地域連携をお考えの方へ

  • 「地域連携事業」とは何ですか?

    「地域連携事業」とは、関西大学の教育研究活動の一環として、地域が持つ課題の解決に向けて研究シーズ(技術、ノウハウ、アイデアなど)を活用しながら、地域(自治体や団体等)と関西大学(教員、学生、事務局)が一緒に取り組んでいく事業を指します。
  • 大学との連携や地域活性化について相談したいのですが。

    関西大学地域連携センターにご相談ください。その際、連携に必要な情報(課題、目的、連携内容、費用、役割分担等)について、お伺いいたします。
  • 連携をお願いしたい先生に直接連絡をしても良いですか?

    連絡先を公開している教員については、直接ご連絡いただくことも可能です。地域連携センターにご相談くださいましたら、課題解決に最適なシーズ、事業内容を一緒に検討いたします。
  • 地域連携事業は、どのような資金で運営されていますか?

    その地域をフィールドとして研究に着手する教員が各種の競争資金(各省庁の科学研究費、外部団体の補助金、本学の地域連携補助事業等)、企業からの受託研究、教員個人ごとに支給される個人研究費等、またさらには地域連携協定を結んでいる自治体等からの資金で運営しています。調査や事業実施のための交通費等、必要経費の拠出をお願いすることもございますのでご相談ください。
  • 誰でも大学と連携することはできますか?

    関西大学では、連携事業の運営管理を継続的に行っていただくため、原則、自治体や企業等との連携を対象としています。
  • 先生を紹介してもらっても、うまく連携し事業実施まで進めるかが心配です。
    事業実施に至らなくても大丈夫でしょうか?

    双方の合意に至らない場合は、相談の段階で中止しても構いません。
  • 「地域連携事例集」に掲載されている事業以外の内容でも連携は可能ですか?

    「地域連携事例集」に掲載している事業は関西大学で行っている事業の一例です。各地域の課題に応じて事業を検討いたします。