KANSAI UNIVERSITY
  1. HOME
  2. 法務研究科長からのメッセージ-S日程入学試験で不合格となったみなさんへ

法務研究科長からのメッセージ-S日程入学試験で不合格となったみなさんへ

S日程入学試験で不合格となったみなさんへ

この度は、関西大学法科大学院S日程入試を受験いただきありがとうございました。
残念ながら合格という結果を手にできなかったみなさんにも、ぜひ関西大学法科大学院で法曹を目指していただきたいと思い、お手紙を差し上げるしだいです。
本年度は、S日程入試の志願者が増加し、昨年よりも厳しい競争となりました。また、法科大学院は、厳格な入学試験の合否判定をするよう求められており、みなさん方の中には、あと一歩のところで合格点に達しなかった方、一部の科目について勉強が間に合わなかっただけの方もいらっしゃいます。
法科大学院制度が困難な状況にあるなか、あえて法科大学院の進学を志されたみなさんは、それぞれ相当な覚悟をもって法科大学院の入学試験に臨まれたことと思います。関西大学法科大学院は、そうしたみなさんの志を大切にし、みなさんの夢を実現する手助けをしたいと考えています。
そこで、S日程入試を受験されたみなさんには、合否に関わらず、法科大学院の自習室とロー・ライブラリーを無料で利用いただくことができるようにしています。また、以文館3階のTA室で執務するティーチング・アシスタントも、法科大学院進学希望者に対する学習相談を行っています。もちろん、オフィスアワーの時間に、法科大学院の教員を訪ねてみてもいいでしょう。法科大学院の学生と同じ環境で法律学の学習に励んでいただき、これから行われる入学試験でぜひとも合格を勝ち取っていただきたいと願っています。
来年4月には、入学式でお会いできることを楽しみにしております。

2014年8月6日
関西大学大学院法務研究科
研究科長 木下 智史


「法科大学院自習室及びロー・ライブラリー等の無償提供について」の詳細は以下から確認してください。
http://www.kansai-u.ac.jp/ls/archives/2014/08/s-3.html

関西大学法科大学院は教育体制の改善をはじめとし、様々な改革を行っています。
詳細については、「改革への取り組み紹介」をご確認ください。
http://www.kansai-u.ac.jp/ls/archives/innovation.html

このページの先頭へ戻る