KANSAI UNIVERSITY
  • ホーム >
  • 研究活動紹介 >
  • 【刊行物の紹介】高橋沙希著『青木繁--世紀末美術との邂逅--』(求龍堂、2015年)が刊行されました。

研究活動紹介

【刊行物の紹介】高橋沙希著『青木繁--世紀末美術との邂逅--』(求龍堂、2015年)が刊行されました。

2015年04月18日

高橋沙希さんは本研究科の修了生で、2014年3月に学位論文「青木繁論--世紀末美術との邂逅」で博士(文化交渉学)の学位を取得されました。

青木繁表紙.jpg

目次

はじめに

第一章 青木繁とその評価

 第一節 評価に至るまでの流れ

 第二節 『青木繁畫集』

 第三節 『青木繁遺作展覧會圖録』

 第四節 蠱惑的画家の貴重な資料

第二章 青木繁の構想画に見る壁画的性格

 第一節 壁画的性格

 第二節 黒田清輝と構想画

 第三節 黒田清輝と藤島武二の壁画的性格について

 第四節 《海の幸》における構想画的性格

 第五節 青木繁の作品における壁画的性格

 第六節 国際的な美術思潮の中から生まれた青木作品

第三章 デッサンから見る海外の美術作品との交流

 第一節 青木繁のデッサン

 第二節 前期デッサン

 第三節 中期デッサン

 第四節 後期デッサン

 第五節 油彩画との関係

 第六節 デッサンの魅力を最大限活かした画家

第四章 青木繁とラファエル前派

 第一節 ラファエル前派への関心

 第二節 当時の資料・追想・青木の発言

 第三節 ラファエル前派の芸術思想

 第四節 各作品における特色

 第五節 構図の構想

 第六節 《旧約聖書物語挿絵》の優れた価値

第七章 晩年における青木繁作品

 第一節 晩年の評価

 第二節 晩年の作品

 第三節 主題と筆触の変化

 第四節 完成作品への志向

 第五節 晩年も変わらぬ青木作品の魅力

おわりに

あとがき

主要参考文献

発行日 2015年3月31日

ページトップへ