KANSAI UNIVERSITY

環境都市工学部

クローズアップ授業 クローズアップ授業

建築学科

藤田 勝也 教授
野村 正晴 助教
科目名:建築史演習

温故知新。日本の建築がもつ歴史と文化の重みを深く理解し、その価値を世界に発信できる自信と能力が身につきます。 温故知新。日本の建築がもつ歴史と文化の重みを深く理解し、その価値を世界に発信できる自信と能力が身につきます。

文化財建造物を含む歴史的な建築がもつ魅力を実感し、その意義を理解し、正しく位置づけ、さらにその価値を広く世界に発信するための能力を、建築に関わる者が決して免れない基礎的な素養の一つとして体得します。世界遺産に登録され、国宝や重要文化財に指定されている建造物を対象にした、実測図面のトレースや模型製作に取り組み、さらに現地視察を行うとともに、身近にある歴史的な建築の文献調査や現場での実測調査を通して、理解の深化と実践力の向上を図ります。

都市システム工学科

檀 寛成 准教授
科目名:情報活用リテラシー

コンピュータを 日常的な道具として使いこなす 知識とスキルを身につけます。 コンピュータを 日常的な道具として使いこなす 知識とスキルを身につけます。

エンジニアとしての専門性や実働力の基礎を養成します。コンピュータの基本的な知識と情報処理技術(コンピュータリテラシー)を習得し、情報の収集、情報の伝達、論理的な思考を行う手段として活用する知識とスキルを身につけます。Microsoft Windowsの基本操作と情報倫理を学んだ上で、Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPointなどのソフトウェアを使った課題に取り組み、基本的な文書やグラフなどの作成、プレゼンテーションに便利な資料のスライド編集などのスキルを習得。また、C言語を用いた基礎的なプログラミングにも挑戦し、コンピュータの仕組みについて理解を深めます。

エネルギー・環境工学科

山本 秀樹 教授
科目名:環境化学ディスカッション

社会で必要なプレゼン能力の基礎を 1年次で習得。4年次で学会発表レベルの 研究が行える実力が身につきます。 社会で必要なプレゼン能力の基礎を 1年次で習得。4年次で学会発表レベルの 研究が行える実力が身につきます。

より実感をもって学びを深めてもらうために、本講義では、1年次から情報を収集・分析し、その成果をみずから発表するプレゼンテーション形式を取り入れています。選出する研究課題も、最新の新聞記事をピックアップするなど、常に新しい話題を取り入れるよう心がけています。1年次で基礎的なプレゼン能力が養え、環境に関する専門的な知識も身につきますので、調べる力、発表する力、疑問をもつ力など、エンジニアに必要な力が4年間でしっかり身につくはず。実際、4年次生のなかには、学会に発表できるほどクオリティの高い研究を行う学生も多数いるんですよ。

このページの先頭へ