塾生募集

SHARE

  • facebook
  • Twitter

学の実化を体現するフロントランナーを育成し“今日より良い明日を創る”
山岡塾 第二期生募集

活動内容とスケジュール

  1. 事前研修 6月末~8月上旬
    活動に入る前の塾のルールや基本的な知識を身につけるため、研修や実践的なワークを行います。
  2. 構想プランの素案作成(フェーズ0) 8月下旬~9月上旬
    チームで協議して、活動テーマの中からさらに具体的なテーマを設定し、それらのテーマとなる社会的課題がどのような理由で発生しており、どういった解決策が考えられるか等の仮説を立てます。
  3. 構想プランの精緻化(フェーズ1) 9月中旬~11月上旬
    (2)で作成した構想プランについて、調査や当事者へのインタビュー等の深掘りを行い、テーマとなる社会的課題の具体的な発生状況、検討している解決策の妥当性について検証します。
  4. 構想プランの具現化(フェーズ2) 11月上旬~3月上旬
    (3)で精緻化した解決策について、試作版等による実証実験を行い、事業モデルを作成します。

2022年度活動の様子

募集概要

応募対象者 以下(1)~(3)の全てを満たす者
  • 以下のいずれかである者
    • 本学の学部学生及び大学院生
    • 関西大学の卒業生及び大学院修了生で、卒業・修了後3年目までの者
    • 関西大学第一高等学校・関西大学北陽高等学校・関西大学高等部の生徒(原則2年生)
    • ※高校生は保護者の同意が必要です。また、高校生で応募を検討されている方は、塾の活動と授業等の兼ね合いもありますので、応募前に必ずお問い合わせください。
  • 入塾説明会に参加した者
  • 募集要項に記載の「9 今後のスケジュール」で示す、全プログラムに参加できる者

塾生の声

赤木 眞奈さん
社会学部3年
<2022年度一期生>

私たちのチームは「中小企業の支援」というとても大きいテーマに取り組んだので、何をする?と考える段階から本当に難しさを感じました!企業が真に困っていることを調査して、その中から私たちが提供できる価値を見いだすのは、文字だと簡単そうに見えますがすごく苦労しました…。でも、時間をかけた分、チームで納得できる活動ができたし、だからこそ皆で一緒に活動してる実感があって楽しかったです。また、普段関わる機会の無い社会人の方々、特に経営者の方とお話ができるなど、すごく良い経験だなと思いました。(中には活動終了後もご縁が続く方もできたり…。)
初めて飛び込むところで不安に感じている人もいるかもしれませんが、うまくいかないことがあっても、乗り越えたときの達成感は計り知れないと思います。楽しむ心を忘れずに取り組めば、卒塾時には絶対(多分)成長を実感できるはずです!
ぜひトライしてみてください♡

原 侑也さん
社会学部2年
<2022年度一期生>

自分の起業に関する知識や計画性が劣っていることは、初めから分かっていたため、チーム活動に加えて、「山岡塾をはみ出して、誰よりも動く」ということに、重きを置いて活動しました。具体的には、「経済人クラブ若手会の方に、InstagramでDMをしたこと」です。山岡塾の魅力の一つに、OG、OBのアドバイスをいただけるというものがあり、それを最大限に生かそうと考え、そのような行動を起こしました。最初は、どのような返答が返ってくるのかわかりませんでしたが、その方がプロデュースするサウナのアルバイトとして勤務できたこと、バイト先で自分と同じように合気道好きな方に出会えたこと、韓国の方にサウナの説明を英語でする経験ができたこと、経営者やラジオDJの方々の人生の話を聞ける機会をゲットできたことを振り返ると、「誰よりも動く」という選択は、良い判断だったと思います。
私は、自分から動き、人とつながったことによって、普通の大学生活を送っていたらできないであろう体験ができました。ぜひ、みなさんも常に動き回っている人を目指し、山岡塾を120%利用して、成長してもらいたいと思います。

福島 基矢さん
政策創造学部2年
<2022年度一期生>

今まで高校からの友人と事業を作り上げることが多かった私にとって、初対面の人々と0から事業を組み立てることは大変刺激になりました。特に難しく感じたのはチームマネジメントです。メンバーのモチベーションをどのように高め、維持していくのか、大坪塾長や永尾副塾長をはじめ、担当していただいたコーディネーターの方々に様々なことをご教授頂きました。その中でも私の教訓になると感じたのは、フォロワーを巻き込むために「いかにメンバーにビジョンを語り、メンバーの活躍を賞賛するか」という言葉です。また、今まで直感的にやってきた事業計画でしたが、今回の経験を経て、論理的に段階を踏んで進めていく重要さと楽しさを改めて実感することができました。
普段の私ならやらないような役割をこの山岡塾で経験することができました。今思い返してみると、私自身の殻を2枚も3枚も破った半年間であったと思います。
自宅、大学、サークル、バイトの他にもう1つ「山岡塾」という選択をしてみてはいかがでしょう。きっとあなたにとって充実した「人生の夏休み」となることでしょう。

船津 杏奈さん
社会学部3年
<2022年度一期生>

半年間の活動を終えた今、あの時迷いながらも勇気を持って山岡塾の選抜に挑戦し、本当に良かったと心の底から思っています。参加当初は、それまで社会的な課題について深く考えたことや事業化するまでのステップなどを学んだことが一切なく心配でしたが、ロジックの組み立て方や、目的から手段への落とし込み方などを学び、半年間有意義な時間を過ごすことができました。
またチームワークの重要性や、周りの人に常に感謝の気持ちを持ちながら努力し続けることの大切さなども学び、普通の学生生活を送っていただけではまず得ることのできない経験を積むことで人としても大きく成長することができたと感じます。
少しでも山岡塾に興味を持ち応募しようか迷っている方は、是非挑戦してほしいと思います。新しいことに飛び込むには勇気が必要だと思いますが、山岡塾で活動した期間はかけがえのない自分の財産になると思います!応援しています!

真砂 伽也子さん
文学部4年
<2022年度一期生>

私は山岡塾でたくさんの発見をすることができました。チーム3は個性豊かなメンバーぞろいで、これまでの学生生活では出会うことのなかった、様々な特技を持った素敵な仲間に出会うことができました。もちろん、考え方の違う仲間と一から何かを創り出すことにおいて、壁はつきものです。仲間との会議を通して、自分の未熟さに気づくこともあります。しかし、その苦難・葛藤から逃げずに乗り超えた先には、必ずこれまでとは違う、成長した自分がいます。この活動を通して、新たに他者と出会うだけでなく、新しい自分とも出会うことができました。
自ら新しい世界に飛び込む選択をして、本当に良かったと感じています。
ぜひ、みなさんも少しの勇気を持って、多くの学びと素敵な仲間を得られる山岡塾に参加してみてください!あなたの残りの学生生活が充実したものとなりますように!

村田 晴紀さん
総合情報学部2年
<2022年度一期生>

主体性のない人は絶対に応募しないでください。
山岡塾に入ると…
・大学からの支援金100万円(返還なし)
・圧倒的な実践知識を身につけることができる(就活でも起業でも共に役立つと思います)
・経済の第一線で活躍している方とお話ができる(“ここだけの話”もあります)
・大学の名のもとに活動(これ以上強い信頼はありません)
・リスクなしのチャレンジができる(こんなチャンス他にありません)
自己負担なしで上記のようなメリットを得ることが出来ます(実際はもっとあります...)。
という私も1期生として、この山岡塾に応募しました。応募時の私は何か物事を行っては失敗。知識は乏しく、また金銭面でも活動が厳しい状態でした。バイトもろくにせず、やみくもに何かしていた。というのが当時の私です。しかし、この山岡塾に入ってからは、困った時に相談する相手、活動するための資金援助など、自由に動くためにこれ以上ない好条件をいただき、アクティブに活動する中で、高槻市内で店舗を運営する機会を得るまでに至りました。まだまだ未熟者ではありますが、山岡塾を通して大きな成長を感じています。
また、山岡塾で一番必要なものは“知識”や“頭の良さ”のようなものではなく“主体性”であると感じています。能動的に動くからこそ価値が生まれる場所だと思います。たった少しの主体性さえあれば、応募は超簡単です。応募フォームに情報を入力するだけです。これは今しかないチャンス。ここまで読んで下さっているあなたこそ山岡塾に入るべき人であると私は考えています。