総合旅行業務
取扱管理者講座

旅行業務取扱管理者とは?

旅行業務取扱管理者は、旅行業界唯一の国家資格で、「国内」と「総合」の2種類があります。「国内旅行業務取扱管理者」は国内旅行のみを取扱うことができる一方、「総合旅行業務取扱管理者」は、国内および海外旅行を取り扱うことができます。
旅行会社では、「営業所に旅行業務取扱管理者を一人以上配置すること」が法律で義務付けられています。資格を取得するためには、実業務において必要な知識を有することが求められるため、習得した知識を実際の業務に活かすことができます。
また、本資格で得た知識は、旅行会社のみならず、鉄道や航空、ホテル業界などにおいても活かすことができ、就職活動の際のアピールにもなります。

講座概要

国内・総合コース

「国内」および「総合」のダブル合格をめざします。本試験合格に向けて、ポイントを押さえながら、広範囲な試験内容を効率よく網羅したカリキュラムを設定しています。そのため、初めて学習する方でも合格に必要な知識をしっかりと習得していきます。また、コース後半には、演習や模擬試験を行い、試験合格をめざします。

国内コース

本講座は本年度中に「国内」の合格を目指すコースとなります。「国内」試験に合格すると次年度以降の「総合」試験において「旅行業法及びこれに基づく命令」および「国内旅行実務」の2科目が免除されます。そのため、まずは「国内」試験に合格し、次年度「総合」試験に合格するというステップアップを目指す方に適したコースです。「国内」試験用の演習や模試も充実しており、確実に「国内」試験に合格するためのカリキュラムとなっています。

総合(国内科目免除者)コース

すでに「国内」を取得している方を対象とし、さらに「総合」の合格をめざすコースです。「国内」の資格保有者で、「総合」の合格をめざす場合、「総合」の試験範囲の「旅行業法及びこれに基づく命令」および「国内旅行実務」の2科目が免除されます。

講師メッセージ

松野 麻里子
〔総合旅行業務取扱管理者・LEC講師〕

 旅行業務取扱管理者は、旅行業法において各営業所に1名以上配置することが定められており生涯有効な資格です。観光業界は、関連業種はもちろん、他産業分野における幅広い業種で構成されています。当資格は法令から実務まで出題範囲が多岐に及ぶ国家資格であるため、合格するには相当な学習量が必要であることが認知されています。そのため、有資格者の自律性・積極性が高く評価されています。 コロナ収束後も視野に入れ、国内・海外の地理をはじめとした実用的・具体的内容を学び視野を大きく広げましょう。半年間、一緒に合格をめざして頑張りましょう!

講座ガイダンス

こちらからご覧ください。

ページの一番上へ戻る