交換留学制度について

1.カリキュラムの特徴

関西大学の交換留学生は、「KUGF(Kansai University Global Frontier)カリキュラム」を履修することができます。また、一定以上の日本語能力を持つ学生は、各学部で開講されている専門科目を履修することもできます。

KUGFカリキュラム

KUGFカリキュラムは、語学力・コミュニケーション能力の向上や、世界の様々な国・社会の文化理解の向上、未開拓な土地・課題でも前向きに取り組んでいくことができるリーダーシップの養成を目的としたカリキュラムで、二つに大別されます。
科目内容や語学要件については、KUGF Course Guideを参考にしてください。

グローバル・フロンティア科目、留学準備スキルアップ科目

英語で開講している科目で、日本人学生、留学生が同時に履修できる科目です。グローバル・フロンティア科目は、8つの専門分野科目のモジュールから構成されています。留学準備スキルアップ科目は、英語スキルの習得を目的としています。

日本語スキルアップ科目

留学生を対象とした、日本語学習を支援する科目です。初級から上級まで多岐にわたるレベルのクラスを提供しています。日本語教育の専門家によるプレイスメントテストを経て、適切なクラスを受講することになります。日本語だけではなく、「日本」に関する基本的な知識を学ぶことができる科目や、日本企業の文化やビジネス日本語が学習できる科目、そして実際の企業や団体などで実体験をする科目等を設置しています。

学部科目

来日後に実施する日本語プレイスメントテストにおいて、一定以上の日本語能力があると判断された学生は、各学部で開講している科目を履修することができます。
関西大学の13学部で開講している科目を履修できるため、一般教養科目から専門科目まで多彩な授業を日本語で学ぶことができ、日本語能力の更なる向上と、専門性の高い学習効果が期待されます。

なお、学部開講科目を受講するための日本語能力は、以下を目安としています。

テスト名称 参考スコア
JLPT(日本語能力試験) N2以上
J.TEST実用日本語検定 C級以上
J.CEFR B2以上

2.修学支援

日本語サポートプログラム

関西大学では、授業以外でも交換留学生の日本語学修支援を行っています。有効に活用して日本語能力の向上に役立ててください。

※ プログラム及び実施内容は変更する場合があります。

日本語チューター・チューティー制度

チューター(日本人学生)が留学生の学習(主に日本語)や日常生活に関する助言・協力を行います。

日本語ブラッシュアップセミナー

日本での生活に必要な日常会話を実践形式で学びます。

アカデミック・アドバイザー

交換留学生一人ひとりに、国際部の教員をアカデミック・アドバイザーとして配置し、指導にあたります。来日後、履修登録など学修計画を立てるサポートの他に、オフィス・アワーの時間を設け、交換留学中の学修・生活に関する相談に応じます。

特別指導教員

関西大学において、大学院レベルでの研究を希望する学生には、特別指導教員を配置し、研究活動をサポートします。

3.成績評価

履修科目の成績は、次の評語によって発表します。

点数 大学院レベル 学部レベル
100~90 A S
89~80 A
79~70 B B
69~60 C C
~59 F F

※成績評価に定期試験が含まれる科目で、試験を受けなかった場合は、不受験(I)と表示されます。

4.単位制

関西大学では、履修した科目に対する成績評価を行い、成績証明書を発行します。
最終的な単位認定は、本学から発行された成績証明書をもとに、所属大学の諸規程に従って単位認定されます。単位認定についての詳細は、事前に所属大学の担当者へ十分に確認しておいてください。

なお、関西大学における 1 単位あたりの学修時間については、文部科学省の定めにしたがい、45 時間の学修を必要とする内容をもって 1 単位と定めています。

5.学年暦

秋学期(9月~3月)
9月21日 秋学期開始
9月21日 秋学期授業開始
12月26日~1月6日 冬季休業
1月21日 秋学期授業終了
1月23日~30日 秋学期試験
3月31日 秋学期終了
春学期(4月~9月)
4月1日 春学期開始
4月5日 春学期授業開始
7月23日 春学期授業終了
7月24日~31日 春学期試験
9月20日 春学期終了

※学年暦は年度により若干の変更が生じます。

6.申請手続き

申請資格

学生交換協定を締結している大学に在学している学生。

※所属大学によっては別途申請資格が設けられている場合があります。詳細は、各大学の国際部担当者に確認してください。

申請方法

申請方法は別途、所属大学へ通知します。通知時期は以下のとおりです。
所属大学での手続きについては、各大学の担当者に確認してください。

留学開始時期 所属大学への通知時期
秋学期(9月)開始 3月上旬
春学期(4月)開始 9月上旬

学生寮

1.学生寮を希望する場合

関西大学の交換留学生は、学生寮への入寮を希望することができます。各寮の寮費等は以下のとおりです。特別な事情がある場合を除き、どの学生寮に入寮するかは、関西大学が決定します。

2.学生寮以外(ホームステイ・下宿)を希望する場合

ホームステイ(1人部屋)

手配料:12,000円
宿泊費:3,000円/泊

※申込は4週間(28泊)から。91泊目以降は、2,700円/泊
※朝食と夕食、寝具代、光熱費、インターネット回線料等を含みます。(別途消費税がかかります)

下宿

物件にもよりますが、大学周辺では4万円/月額以上の家賃がかかります。

学生生活

生活費用

大阪での一般的な生活のために必要な生活費用は、寮費を含めて10万円/月程度です。来日にあたり、余裕のある資金計画を立ててください。

奨学金

海外留学支援制度(協定受入)

日本学生支援機構(JASSO)から支給される奨学金です。本学のプログラムが採択された場合には、対象者に対して詳細を連絡します。
交換留学の申込み時に詳細は決定していませんので、事前のお問い合わせにはお答えできません。

特定の大学に限る奨学金

特定大学からの交換留学生については、大学間の協定内容に基づき、奨学金が支給される場合があります。詳細については、所属大学の担当者に確認してください。

保険

国民健康保険(学生負担)

国民健康保険とは、日本で生活中に万が一、病気やけがをした時に、医療費の一部(一部負担金)を支払うことで診療を受けられる保険です。原則として医療総額の30%の自己負担で診療を受けることができます。交換留学生は、加入が義務付けられます。

学生教育研究災害傷害保険(本学負担)

教育研究中に、不慮の災害事故が発生し、傷害を受けた場合に、最低限の保険金給付が受けられるよう、学生教育研究災害傷害保険へ一括して加入します。

保険内容は以下のとおりです。

種類・適用 正課中・学校行事中 キャンパス内での休憩中・課外活動中
死亡保険金 1,200万円 600万円
後遺障害保険金 後遺障害の程度に応じて
72万円~1,800万円
後遺障害の程度に応じて
36万円~900万円
医療保険金 治療日数1日以上でその日数に応じて
3,000円~30万円
治療日数4日以上でその日数に応じて、
6千円~30万円
(入院加算金)入院1日につき4,000円 *180日を限度とします。

個人賠償責任保険

関西大学では、交換留学生に対して個人賠償責任保険への加入を義務付けています。個人で加入する場合には、補償内容を証明できる書類の提出をしていただきます。
また、関西大学を通して加入する場合には、在籍期間が1学期の学生は約2,000円、2学期の学生は約4,000円の保険を用意いたします。
補償内容や保険料金については現在調整中です。詳細については、決定次第お知らせいたします。

国際交流

アクティビティ

関西大学では年間を通して、留学生と日本人学生、地域との相互交流のためのアクティビティを開催しています。キャンパス内で参加できる日本文化体験、日本語サポート、生活相談、スポーツイベント、交流パーティーから、キャンパスを一歩出て地域の家庭を訪問するホームビジットや日本社会について考えるスタディ・ツアー、博物館・文化財へのフィールド・トリップまで内容は多岐に渡ります。また参加者としてだけでなく、多言語プログラムや多文化セミナーで講師となり、母国の言語や文化を教えるプログラムもあります。

Multilingual Immersion Room(Mi-Room)

Mi-Roomは、さまざまな外国語学習や文化体験のプログラムを通じて、異文化コミュニケーションを実体験することができる学習スペースです。ここでは、利用者としてプログラムへ参加するだけではなく、GTA(Global Teaching Assistantの略称で、主に海外からの留学生が担当)として母国の言語や文化を発信する機会をキャンパスライフに取り入れることもできます。
また、Mi-Roomは世界各国の学生が集う異文化交流の場としても活用されています。

Global Buddy Program(GBP)

関西大学の学生が留学生のBuddyとなり、留学生が来日後に抱くことが多い、日本の生活習慣やルール、友人作りなどに対する戸惑いや不安を取り除き、新生活へ適応するためのサポートを行います。
関西大学の学生や他の留学生たちとグループになり、来日前から交流をスタートし、来日後は、留学生歓迎会やGBP参加者限定の交流イベントに一緒に参加するだけでなく、各グループオリジナルの活動・交流を通じて、留学生のみなさんの関西大学での生活はより充実したものとなるでしょう。