KANSAI UNIVERSITY

関西大学のあゆみ

HOME あゆみ 実化 服部嘉香

服部嘉香

明治19年(1886)4月4日東京に生れる。
幼名浜二郎。松山中学を経て早稲田大学に入学、明治41年、文学部英文科を卒業。同期生に北原白秋、三木露風、若山牧水がいた。詩壇への登場は明治38年頃からである。大正2年、母校で英語と商業文、文学概論等を講じた。宮島綱男(のち本学理事長)との親交はこの頃にあった。
 大正6年、わけあって早大を退職。 翌年英字紙大阪勤務のため来阪。 すでに関西大学の専務理事を務めていた宮島の紹介で、 昭和10年、関西大学講師(のち教授)となり、在職中は、英語、国語、 心理学、商業実践等を担当、その豊かな学殖を駆使して活躍、学歌の制定などにも貢献し、 大正14年に本学を退職。のち東京に帰住、早稲田大学に復帰し、昭和31年、定年退職まで文学部教授を勤めた。 昭和50年(1975)5月10日没した。89歳。詩集『幻影の花びら』『バレーへの招宴』などがあり、 歌集に『夜鹿集』など。

年表に戻る