KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ

学校概要 学校概要

学校紹介

人間力の基礎を養い、
世界を切り拓く「考動力」
豊かな人材を育む5つの力。

基礎的・基本的な学力の定着・向上と倫理観と品格を備えた人間力の基礎を培い、希望する進路を切り拓く総合的な学力と大学で学ぶ基礎となる探究能力を身につけるため、5つの力を育みます。

確かな学力 健やかな体 国際理解力 情感豊かな心 高い人間力

確かな学力

  • 週36時間の豊富な授業(週2日間7限・土曜4限)
  • 5教科の計画的な課題による自主学習習慣の定着及び学力向上
  • 高等部や大学と連携した発展的な授業の実施
  • 計画的に模試を実施し、面談を通した進路意識の涵養

健やかな体

  • 個々の心身の発達段階に応じたプログラムの実施

国際理解力

  • 海外研修・短期留学を通して、コミュニケーション力、思考力、国際理解力を育成
  • 週7時間の英語授業により国際社会で求められる「英語力」の習得
  • 異文化交流のツールとなるICTの知識と技術の習得

情感豊かな心

  • 生徒会や各種委員会活動、体育祭、文化祭、校外学習、研修旅行等の学校行事を通じリーダー性と自主性を涵養
  • 毎朝の読書タイムを中心として、「新書レベル」の読書ができる力を育成

高い人間力

  • 高い倫理観と品格を備えた人間の育成

学校長の挨拶

一人ひとりの人生を見据えた
教育の実践をめざして

「かつては洗濯を手作業で行っていた。洗濯機の登場でその仕事は奪われた。それによって余った時間を新しい技術や知恵が創造された。こうして人類は発展してきた。現在起きているのも同じ事だ。」と述べた人がいます。我々人間は、柔軟でフレームにとらわれない発想力、応用力等を身に付ければ、高次元でこれまで以上に輝かしい「創造的な世界」を切り開いていけるのです。その担い手が皆さんです。その基礎となるべく6年間です。

関西大学は1886年に開学し、133年目に入りました。時の総理事山岡順太郎が提唱した「学理と実際との連携を大切にし、国家のため社会のために本当に役立つ人物を育てたい。それが関西大学の教育の軸である」とのべ、「学の実化」を提唱しました。
皆さんが社会の中心となる頃、21世紀は半分終わっています。つまり皆さんは21世紀を生き抜き、22世紀を考えなくてはなりません。これから主役となる皆さんを応援します。

関西大学中等部・高等部校長
井尻 誠

教育理念・目標

6年間の一貫教育を通して、
高い人間力を有する人材を育成します。

教育理念

関西大学の教育理念である「学の実化じつげ」に基づき、学理と実際との調和を基本とする独自の教育を展開し、一貫教育を通じ「確かな学力」「国際理解力」「情感豊かな心」「健やかな体」の4つの力を育み、「高い人間力」を有する人材を育成します。

教育目標

初等部から高等部までの一貫教育を同一キャンパスで実践するメリットを最大限に活用し、個人の成長段階を継続的に把握しながら、高い倫理観と品格を有する「高い人間力」を持つ人材を育てます。また、課題発見・問題解決を促す体験型の授業により、学んだ知識を実際に応用することで知恵へと昇華することができる能力を養います。これにより、ユニバーサルな視野を持つ「たくましく」「しなやかな」人材を育成します。

学校データ

基本情報

関西大学中等部

住所:
〒569-1098
大阪府高槻市白梅町7番1号
TEL:
072-684-4326(代)
FAX:
072-684-4347

在籍生徒数

  男子 女子 合計 クラス数
1学年 63 62 125 3
2学年 56 59 115 3
3学年 74 52 126 3
合計 193 173 366 9

※2019年4月1日現在

自己点検・評価等

関西大学高等部・中等部 自己点検・評価結果について

平成19(2007)年6月、「学校教育法」及び同年10月「学校教育法施行規則」の改正により、平成20(2008)年度から、幼稚園から高等学校に至る初等中等教育の全ての学校で学校評価の実施とその結果の公表が義務付けられています。
本校においても学校評価を実施し、その結果を下記のとおりとりまとめていますので、公表いたします。

外部評価について

なお、本校では、教育活動や学校運営を改善・充実していくための取り組みとして、外部評価を実施しております。
詳しくはこちら(「学校法人関西大学の点検・評価活動」のサイト)をご覧ください。

関西大学中等部 財務情報について

2017年度分はこちら
2016年度分はこちら

PageTop