KANSAI UNIVERSITY
関西大学へのご支援をお考えの皆さまへ

ごあいさつ

ご支援のお願い

 関西大学は1886年に時の大阪控訴院院長児島惟謙の支援を得て、現職の裁判官、 検察官等が指導者となり、関西法律学校として大阪の地に誕生しました。
 1922年には、大学令による「大学」に昇格を果たすことができましたが、その悲願達成の陰には、当時の本学総理事・学長であり、 大阪商業会議所会頭を務めた山岡順太郎をはじめとする関係者たちの募金活動を通じて、多くの方々からのご寄付によって実を結んだ 結果であることを忘れることはできません。
 以来、様々な方たちによって支えられ、長い歴史と伝統を有し、2016年には「創立130周年」を迎えるまでに至りました。学園全体では、 現在、13の学部と13の大学院研究科、3つの専門職大学院、高等学校3校、中学校3校、さらには小学校と幼稚園を擁しています。また、府内 5つのキャンパスで3万5千人の学生・生徒等が学び、本学を巣立った校友は44万人を超えました。
 本学では、「考動」すなわち、「自ら考え、行動する」人材の育成をめざしております。現代社会は、グローバル化、ボーダレス化が進み、 人々の価値観や生活様式がこれまでになく多様化しています。激動する社会に挑み、自ら考え、行動して世界を拓く人材を育成すること、 学生の持っているパワーを最大限に引き出すことが「本学の使命」と考えております。
 本学におきましては、時代に適応した教育や学生サービス、経営方針を追求しておりますが、その実現のためには、財政基盤の安定と強化が 不可欠であります。経費の削減や事業の選択と集中を図るなど、出来る限りの自助努力をいたしておりますが十分ではなく、財政面における一層の ご理解とご支援を皆様方にお願いしなければなりません。
 つきましては、本学の各募金制度の趣旨をご理解いただき、何卒、温かいご協力・ご援助を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

理事長 学長