教育内容

  1. HOME >
  2. 教育内容 >
  3. 社会人教育への取組

社会人教育への取組

[梅田キャンパス][平日夜間][社会人対象]関西大学梅田キャンパス 社会人受講生募集

梅田キャンパスで、平日夜間に社会人を主な対象とした科目を開講しています。
会社の中にいるだけでは分からないことを、2ヶ月の集中ビジネス講座で学びませんか?

  • お申込はこちら
  • 最新の情はこちら報

こんな方にオススメします

  • 税制改正の最新の動向や、税務戦略の考え方について学びたい経理担当者
  • 給与・社会保険・労働保険等の知識を基礎から学び直したい方
  • 労務に係る税務上の取り扱いについて学びたい人事労務担当者
  • リスク管理体制構築のため、内部統制について学びたい方
  • ビジネス法務の最新の動向や企業法実務について学びたい方
  • 起業または新規プロジェクトを成功させたい方
  • 企業情報を正確に把握し、分析するスキルを身につけたい方

推薦!! 株式会社パナソニック 元代表取締役社長
大坪 文雄

会計に関する知識や会計的な見方、考え方はビジネスマンに不可欠な能力です。将来の管理職や経営職などリーダーを目指す人は、常に最新の会計的情報に接してビジネス感覚を磨くべきです。関西大学梅田キャンパスの会計講座はこの要望を間違いなく満たしてくれるでしょう。

ご挨拶 会計研究科長コメント

「昔からこうしているから、とりあえずやっといて。」後輩に質問されて、理由も分からずに前例踏襲していたこと、ありませんか?会計研究科では、第一線で活躍する実務家教員が、理論と実務の双方を軸に専門教育を行います。

2018年度 開講科目の概要

春学期
企業マネジメントと会計

企業マネジメントには会計の知識が不可欠です。経営者は企業の財務数値に責任を持つとともに、将来の意思決定がそれにどのような影響を与えるのかを推計しなければなりません。本講座は、社会人になって間もない方にも分かりやすいよう、基本的な会計の知識を中心としつつ関連する法律等の知識を解説することにより、現実の企業マネジメントをよりよく理解し、「企業の総合的な見方」を学びます。

ビジネス法務と会計

企業における法務は企業会計と密接に関連しています。本講義では、企業活動において想定される具体的な法律問題を取り上げ、その企業法実務を学ぶとともに、それが企業会計にどのような影響を及ぼし、処理すべきかについて学習します。講義形式だけでなく、具体的な事例をケーススタディとして取り上げ、ワークショップを行うことにより理解を深めます。

アントレプレナーの実務と地域の発展

起業とは何か、何のために起業するのか、アントレプレナーシップ(起業家精神)とは何かなど、起業のための基礎知識を身につけるとともに、事業化戦略・ビジネスモデルのデザインから成長過程の会社経営・事業成長のプロセスまでを学びます。また、起業とローカルの親和性についても理解を深めます。すなわち、起業するなら地方がチャンスと言われることや、逆に起業が地域の発展につながることについても言及します。

企業情報の読み方と使い方

貸借対照表や損益計算書等の各種企業情報の意味および役割を理解し、自社や取引先などの経営実態を適時に正確に把握することができる能力を養い、会計的ビジネスセンスを習得することを目的とします。授業では、財務諸表等の企業情報を分析する理論およびスキルを学び、それを踏まえて事例として企業の決算書等をケーススタディとして取り上げ、ワークショップを行います。

秋学期
税務と会計

会社が納める税金は、会社にとって重大な関心事であるばかりでなく、投資家も注目する項目です。この講座では、諸税金や税効果会計等、経理処理上の税務に係る取扱いとその背景にある考え方を解説するとともに、どのように税金をコントロールしていくかという税務戦略の考え方についても、税制改正の最新の動向を踏まえながら解説します。

労務と会計

労務は会社において従業員のモチベーションを高めるための重要な戦略の一つです。経理担当者にとっては、給与、社会保険、労働保険等の知識は不可欠となります。この講座では、これら労務関係を規律する法令等の概要・趣旨を確認するとともに、会計基準で求められている経理処理とその背景にある考え方を解説します。また、労務に係る税務上の取扱についても最新の税制改正の動向を踏まえて留意点を解説します。

ビジネスリスクと内部統制

内部統制は、内部管理体制やリスク管理体制とも称されますが、上場・非上場にかかわらずリスク管理の構築は不可欠であり、その意味で内部統制の充実は法律的にも実利的にも求められています。本講義では、企業の内部統制構築と実務の充実に役立てるべく、内部統制の基本的理解からスタートし、内部統制の充実では先行する企業等の成功事例・失敗事例について実践的に学習していきます。

このページの先頭へ