教員・教育顧問紹介

  1. HOME >
  2. 教員・教育顧問紹介

専任教員

分野 教員名
監査系 松本 祥尚 教授  
田中 久美子 特別任用教授 実務家
財務会計系 加藤 久明 教授  
富田 知嗣 教授  
吉良 勝明 特別任用教授 実務家
管理会計系 大西 靖 教授  
植田 有祐 特別任用准教授 実務家
公会計系 柴 健次 教授  
清水 涼子 教授 実務家
玉置 栄一 特別任用教授 実務家
法律系 三島 徹也 教授  
中村 繁隆 教授  
ファイナンス系 宗岡 徹 教授 実務家

担当科目の概要は、関西大学シラバスシステムをご参照ください。
その他、客員教授・兼任教員等はパンフレットをご参照ください。

大西 靖 准教授

教授
大西 靖
Onishi Yasushi

専門分野

管理会計

主な担当科目

中級工業簿記、上級管理会計論、

プロフィール

  • 神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程修了
  • 「マテリアルフローコスト会計の拡張可能性に関する研究」により博士(経営学)神戸大学の学位取得
  • 著書は『環境経営イノベーションの理論と実践』(中央経済社)(共著)。発表論文は“Implementing Material Flow Cost Accounting in a Pharmaceutical Company”(共著)、「マテリアルフロー指向のコストマネジメント:アメリカにおける環境管理会計の展開」ほか多数

このページの先頭へ

加藤 久明 教授

教授
加藤 久明
Kato Hisaaki

専門分野

財務会計

主な担当科目

中級商業簿記、上級簿記論、財表作成簿記論

プロフィール

  • 立命館大学大学院経営学研究科企業経営専攻博士課程修了
  • 「会計基準の在り方と設定の方向性に関する理論研究─アメリカにおけるリース会計基準の設定と論争の歴史的展開を踏まえて─」により博士(経営学)立命館大学の学位取得
  • 主な著書として、『現代リース会計論』(中央経済社)、『リース会計基準の論理』(税務経理協会)(共著)、発表論文として、「リース会計に対する新たなアプローチの特徴と問題点」、「リース会計基準の改定動向に関する分析と検討」ほか多数

このページの先頭へ

柴 健次 教授

教授
柴 健次
Shiba Kenji

専門分野

会計学(情報開示、会計理論、企業会計、公会計、簿記、会計教育)

主な担当科目

会計制度論

プロフィール

  • 神戸商科大学大学院経営学研究科博士後期課程中退
  • 『市場化の会計学』により博士(商学)関西大学の学位取得
  • 日本会計教育学会会長、日本ディスクロージャー研究学会名誉会長、公会計改革ネットワーク会長、日本会計研究学会理事、元税理士試験委員・公認会計士試験委員等
  • 91年「金融資産の証券化と資産の認識」により日本会計研究学会賞を受賞
  • 主な著書として『テキスト金融情報会計』・『市場化の会計学』(以上、中央経済社)、『外貨換算会計論』(大阪府立大学)、『自己株式とストック・オプションの会計』(新世社)。

このページの先頭へ

清水 涼子 教授

教授
清水 涼子
Shimizu Ryoko

専門分野

公会計 国際公会計 非営利会計 公監査

主な担当科目

会計専門職業倫理

プロフィール

  • 東京大学法学部卒業
  • 公認会計士、日本証券アナリスト協会検定委員
  • みすず監査法人において約18年間勤務。途中、監査部門から公共セクター部に移籍。公共セクター部では、公的機関への監査及びコンサルティング、海外の公会計先進国の実務の調査研究業務等に従事
  • 国際会計士連盟公会計委員会日本代表委員等(04年1月〜06年12月)、防衛省、財務省等政府関係審議会委員、兵庫県、堺市等地方公共団体関係審議会委員を務める
  • 主な著書として、『公会計の基礎知識─各国基準と国際公会計基準─』、『市町村のバランスシートがわかる本』(共著)、『地方公共団体の外部監査実務Q&A』(共著)ほか多数

このページの先頭へ

富田 知嗣 教授

教授
富田 知嗣
Tomita Satoshi

専門分野

会計学

主な担当科目

上級財務会計論、基本会計プログラム演習

プロフィール

  • 名古屋市立大学大学院経済学研究科経済政策専攻博士課程後期課程単位取得後退学
  • 「利益平準化のメカニズム」により博士(商学)関西大学の学位取得
  • 公認会計士
  • 主な著書として、『利益平準化のメカニズム』(中央経済社)、『倒産指数』(日本経済新聞社)、発表論文として、「新会計基準による連結予測利益の精度への影響」、「ITによる会計への影響─会計情報システムと法制度の考察─」ほか多数

このページの先頭へ

中村 繁隆 教授

教授
中村 繁隆
Nakamura Shigetaka

専門分野

租税法

主な担当科目

上級税務会計論、租税法会計論、租税法理論

プロフィール

  • 関西大学大学院法学研究科法学・政治学専攻博士課程後期課程修了
  • 「クロス・ボーダー組織再編成と課税」により、博士(法学)関西大学の学位取得
  • 「課税繰延べ防止策の研究-FIFルールを主題として-」により、第28回日税研究賞(研究者の部)を受賞
  • 著書として、『教材国際租税法 新版』(慈学社出版)、『地域に関する法的研究』(新日本法規出版)(いずれも分担執筆)、発表論文として、「国際的組織再編税制の展開」、「国際的組織再編成と一般的租税回避否認規定―EU合併租税指令15条1項(a)に着目して―」ほか多数

このページの先頭へ

松本 祥尚 教授

教授
松本 祥尚
Matsumoto Yoshinao

専門分野

監査論

主な担当科目

監査制度論、監査実施論、基本監査プログラム演習

プロフィール

  • 神戸大学大学院経営学研究科博士課程前期課程修了
  • 金融庁企業会計審議会監査部会専門委員、日本監査研究学会理事、元日本会計研究学会幹事、元会計大学院評価機構評価員、前公認会計士試験試験委員(監査論)
  • 主な著書として、『ベーシック監査論』(同文舘出版)(共著)、『2010年版 上場企業 監査人・監査報酬白書』(日本公認会計士協会出版局)(共著)、発表論文として、「Bright-Lines Accountingと職業会計士の役割─他人保証と自己保証─」、「内部統制監査の財務諸表監査への統合化」ほか多数

このページの先頭へ

三島 徹也 教授

教授
三島 徹也
Mishima Tetsuya

専門分野

商法

主な担当科目

企業法、会社法、上級会社法

プロフィール

  • 関西大学大学院法学研究科私法学専攻博士課程後期課程単位修得後退学
  • 主な著書として、『プライマリー会社法(第6章新株発行、第7章社債)』(法律文化社)、『プライマリー商法総則・商行為法(第5章商業帳簿)』(法律文化社)(いずれも共著)、発表論文として、「フランチャイザーの第三者に対する責任(一)(二完)」、「資本制度および剰余金の配当規制に関する一考察-ドイツ法における最低資本金および出資の払戻し規制を参考として」ほか多数

このページの先頭へ

宗岡 徹 教授

教授
宗岡 徹
Muneoka Toru

専門分野

公会計論 財務分析論 レギュラトリー・サイエンス

主な担当科目

インベストメント論、コーポレート・ファイナンス論

プロフィール

  • 東京大学卒業、神戸商科大学大学院博士前期課程修了
  • 日本興業銀行で審査部、人事部、みずほ総合研究所主席研究員等。転職したソニーで年金企画部担当部長兼子会社執行役員。その後、関西大学大学院会計研究科教授(現)。(独)医薬品医療機器総合機構監事、文部科学省委託「高度人材養成のための社会人学び直し大学院プログラム」プログラムコーディネーター等
  • 財務省「財政制度等審議会」委員、内閣府「経済財政諮問会議」委員、事業仕分け人。日本証券アナリスト協会試験委員会委員(現)、養父市「新産業会議」委員、日本公認会計士協会公会計委員会委員等
  • 公認会計士、日本証券アナリスト協会検定会員、システム監査技術者等

このページの先頭へ

吉良 勝明 特別任用教授

特別任用教授
吉良 勝明
Kira Katsuaki

専門分野

会計・監査

主な担当科目

会社経理実務、企業分析論

プロフィール

  • 神戸大学経済学部卒業
  • 公認会計士試験合格後、大手監査法人に入所。製造業、小売業を中心に法定監査に従事した後、コンサルティング部門に異動。内部監査やIT監査のサポート、内部統制、リスクマネジメント、コンプライアンス態勢の整備・運用支援に携わる。その後、独立開業し中小企業、個人事業主の会計、税務、労務支援に従事すると共に、コンサルティング会社でグローバル企業を中心にGRC関連のサービスを提供している。
  • 公認会計士、税理士、社会保険労務士、宅地建物取引主任者、CIA(公認内部監査人)

このページの先頭へ

田中 久美子 特別任用教授

特別任用教授
田中 久美子
Tanaka Kumiko

専門分野

監査・会計実務

主な担当科目

監査基準論、会計事例研究、監査事例研究

プロフィール

  • 同志社大学大学院在学中、「継続は力なり!」と自分に 言い聞かせ、公認会計士試験2次試験合格に向けて鋭意努力、3回目のトライで合格。就職難を乗り越えて、KPMGセンチュリー監査法人大阪事務所に入所。監査法人入所以来、日本国内の商社、製造業、学校法人等の監査に従事。その後2003年に中国広東省広州市に所在するKPMG広州事務所に駐在し、単身赴任を経験。日系企業の現地法人等の監査はもちろんのこと、日系企業の中国進出支援、M&A関連、税務サポートに関して、主に現地でのコミュニケーションをサポート。2006年に帰国後KPMGあずさ監査法人で監査業務のみならず、M&A関連アドバイザリー業務に従事。2008年パートナー登用、2010年京都大学大学院でMBA取得。

このページの先頭へ

玉置 栄一 特別任用教授

特別任用教授
玉置 栄一
Tamaki Eiichi

専門分野

会計

主な担当科目

ディスクロージャー実務、実践会計プログラム演習

プロフィール

  • 関西大学経済学部卒業
  • 1979年公認会計士第2次試験合格、監査法人中央会計事務所入所
  • 1983年公認会計士登録、1993年税理士登録
  • 1994年玉置公認会計士事務所開設
  • ナニワ監査法人(現 ひびき監査法人)・ユニバーサル監査法人代表社員、日本公認会計士協会近畿会幹事、近畿公認会計士協同組合専務理事等を歴任

このページの先頭へ

植田 有祐 特別任用准教授

特別任用准教授
植田 有祐
Ueda Yusuke

専門分野

原価計算

主な担当科目

上級原価計算論、中級工業簿記

プロフィール

  • 同志社大学経済学部卒業
  • 公認会計士、税理士
  • 新日本監査法人にて、主に金融商品取引法監査、会社法監査、アニュアルレポート作成業務に従事
  • その後、植田有祐公認会計士事務所を設立し、原価計算導入コンサルティング業務(原価要素の集計、標準の設定、現金収支予算、労務規定の整備など)や、決算早期化コンサルティング業務(棚卸規定の整備、引当金見積の精緻化)を行う

このページの先頭へ