KANSAI UNIVERSITY
  • 関西大学ホーム
  • 入学試験情報
  • お問い合わせ一覧
  • 交通アクセス
  • キャンパスマップ
  1. HOME >
  2. 概要

概要

東西学術研究所の概要(沿革)

昭和26年3月、藤澤桓夫氏(小説家)の御意志と石濱純太郎教授の尽力によって「泊園書院」の蔵書約二万余冊と「極東国際軍事裁判資料」が関西大学に寄贈されたことを契機として、東西学術研究所が設立された。「泊園書院」は、江戸時代末期[文政8(1825)年]に讃岐(現在の香川県)の儒者藤澤東畡先生が大阪の淡路町で徂徠学を講じるために開かれた私塾で、藤澤南岳、藤澤黄鵠、藤澤黄坡先生と四代にわたり大阪の町人・市民の文化と教養を高めるために営まれた漢学塾であった。
同年4月「東西両洋文化の学術研究、殊に比較研究を行い世界文化の融合に貢献する」という目標を高らかに掲げて、関西大学における本格的な研究所の第1号として設立され、現在、千里山キャンパスの児島惟謙館2階にある。
そして、当研究所はアジア研究に軸足を置きながら、広く世界を視野に入れた比較研究を展開してきた。現在、上記の設立理念を踏まえて、8研究班体制をとって幅広い研究活動を展開している。
東西学術研究所は、①研究、調査及びその成果の発表、②研究会・講演会・シンポジウム等の開催、③研究高度化推進事業、④外国人研究者の受け入れ等の活動を行っている。研究成果は「東西学術研究所紀要」(平成28年、第49輯を刊行)に所載される。その他に、各研究者の研究成果を集大成した研究叢刊(同52册)をはじめ、訳注シリーズ(同20册)、資料集刊(同70册)、索引シリーズ(同1册)、国際共同研究シリーズ(同10册)と、膨大な研究成果が蓄積されてきた。研究活動としては、研究例会(年10回程度)、特別講演会(年1回~2回)、および国際シンポジウムの開催(不定期)を行っている。
関西大学が所蔵する東アジア文化研究のための豊富なリソースを集中的にデジタル化し、開かれたアーカイヴズを構築することを目的に、文部科学省よりアジア文化研究センターが2011年5月に5カ年の計画で選定され2016年3月をもってプロジェクトを終了した。今回のプロジェクトも数々の研究成果を収め、国内外において高い評価を得た。
若手研究者の養成という観点から、「準研究員制度」を設けて大学院生の研究能力の向上に資するとともに、「非常勤研究員制度」を設けて学籍を離れてより高度の研究活動を展開している若手研究者を研究組織に積極的に組み入れて日本学術振興会科学研究費にも積極的に応募しながら研究の一層の展開を促していく体制を整えつつある。その他に、上記の泊園書院を顕彰するために設けられた泊園記念会は、毎年10月頃に「泊園記念講座」を開催しており、既に55回を重ねている。

概要