【オンライン】思考・コミュニケーションゼミー実践的な智恵から"考え方"を学びなおすー

お好きな場所でのオンデマンド学習&オンラインでのライブセミナー参加【ZOOM】

  • ビジネス
  • 関西大学オープンカレッジ 梅田MeRISE

banner

オンデマンド学習×オンラインでの対話で学ぶ 
 体系化された 思考&コミュニケーション方法のエッセンス】

=====2020年11/19加筆情報======
本年11月17日に通知されたPeatixの会員個人情報流出を受け、下記でご案内しているPeatix以外にも
お申し込みをお受けするフォームをご用意しました。↓↓
《Google formでのお申し込み》はこちら
現段階では各主催者アカウント内イベントの申込アンケート記載の情報は
流出していないと発表されておりますが、Peatixアカウントの新規登録を
控えたいという方はこちら↑↑をご利用ください。
======================

情報技術が浸透し、定型化できる仕事は機械が人よりもずっとミスなく確実に実行できる時代、
人に求められるのは、
「問題を発見し、その解決方法を設計し、異なる意見を持つ他者との対立を調整しながら、プロジェクトを推進していく能力」です。


2014年に開校し、こうした能力を思考・コミュニケーションのコンセプトを体系化し、
一般教養課程として提供したのが米国のミネルバ大学(Minerva Schools at KGI)
世界的な企業や大学などにも高く評価されています。

本講座の講師を務める山本秀樹 氏は、ミネルバ大学の元 日本連絡事務所代表を務めた経験を持ち、
同大学の公開情報を基に、その体系化された思考・コミュニケーションのコンセプトを
幅広い年齢層で学べるように独自に和訳、編集して解説するセミナーを開催、高校から社会人教育まで様々な教育機関のカリキュラム開発や企業のコンピテンシー開発プロジェクトを実施してきました。

この講座は、ビジネスパーソンを主な対象として、
動画による事前講義
Slackによる非同期のディスカッションと質疑応答
そして、
グループ演習を含むライブセミナー

で構成されます。

また、講座終了後もSlackの専用アカウントには約1年間アクセスでき、
受講生同士の交流や講座開催期間中以外も共同学習が可能です。

体系化された 思考&コミュニケーション方法について学び、異なる意見を持つ人々との対話の中で
学びを深化、実践に繋げたい方のお申し込みをお待ちしています!

==================

講座概要(予定)

オンライン ライブセミナー開催

2020年12月8日~2021年2月2日

期間中、Slackを用いた事前講義(録画)とクイズ、非同期のディスカッションと質疑応答を行い、
 2020年12月8日から隔週火曜日(12/8・12/22・1/5・1/19・2/2)
Zoomによるライブセミナー(全5回)を実施します。
 (全5回の日程・内容は下記をご確認ください)

いずれも19時30分~21時

全5回カリキュラム

第1回(12/8).実践的な智恵が必要とされる背景と効果的な学習方法【時間】19:30-21:00
変化し続ける社会で必要とされる能力とは何か、それらを効果的に習得するに方法を学びます。

第2回(12/22).情報判断力【時間】19:30-21:00
情報を検証し、発信者の意図を読み取り、自分が判断する際の選択肢について優先順位をつける、一連の思考動作において役立つコンセプトを学びます。

第3回(1/5).問題の分析と創造的思考法【時間】19:30-21:00
本質的な問題や未解決の課題を発見し、解法を設計、新製品やサービスに結びつけるために役立つコンセプトを学びます。

第4回(1/19).効果的な情報発信【時間】19:30-21:00

効果的なコミュニケーションの設計する際におさえておくべき、言語、非言語表現を構成するコンセプトを学びます。

第5回(2/2).効果的な協業【時間】19:30-21:00
効果的なコミュニケーションの設計する際におさえておくべき、言語、非言語表現を構成するコンセプトを学びます。

======このセミナーをお勧めしたいポイント======
★企業での新規用途開発やマーケティング、コンサルティング会社での実務経験、ミネルバ大学日本事務所での経験で得た効果的な学習法やエッセンスを実践する講師によるビジネスパーソン向けカリキュラム

★講師の実務経験から、思考・コミュニケーションのコンセプトを企業や教育組織の次世代リーダー育成にいかに応用できるかアドバイス

★個人の都合の良い時間・場所で学ぶ「オンデマンド動画教材」とSlack上での「事前クイズ」と非同期のディスカッション、ライブセミナーでの講師、参加者間の対話による学びの深化
=============================
◆参考図書:
「Building the Intentional University : Minerva and the future of higher education」 Ben Neslon & Stephen Kosslyn (MIT Press)
「最難関校ミネルバ大学式思考習慣」山本秀樹(日本能率協会マネジメントセンター)
「世界のエリートが今、一番入りたい大学 ミネルバ」 山本秀樹 (ダイヤモンド社)

参加方法と申込後の流れ

■下の「お申し込みはこちら」ボタンよりお申し込み下さい。
※受付確認メールの配信はございません。予めご了承願います。

b_mb_150_60.gif

【受講申し込み後の流れ】
※本講座は完全オンライン(オンデマンド学習あり)のため、上記WEBサイトでの事前決済にて「受講料」をお支払いいただきます。

※(11/19加筆情報)Peatixを介したお申し込み・お支払いを希望されない方は
 《Google formでのお申し込み》はこちら からお申し込みください。

(請求書払いをご希望の方は申込時に「請求書払い」チケットをご購入願います)

《申込後》

・11月10日以降、随時オンデマンド動画教材のご案内/学習用Slack(登録必須)を事務局から配信いたします。

・11月24日以降(予定)、オンデマンド教材に関連したクイズ出題と非同期ディスカッションをSlack内で開始

・オンラインライブセミナー(初回:12/8)に受講者間・講師とでさらに学びを深めます

講師プロフィール

山本 秀樹(Yamamoto Hideki)氏hideki_yamamotojpg.jpg

(AMS合同会社Dream Project School 代表)
※元 ミネルバ大学 日本連絡事務所代表

1997年に東レ株式会社入社、スポーツアパレルから航空・宇宙分野まで、幅広い産業で高機能化学繊維の新規用途開発に携わる。


英国にMBA留学後は外資系経営戦略コンサルティング会社にて、航空会社や化学素材メーカーの事業再生、新規事業戦略を支援。


住友スリーエム(現3M Japan株式会社)ではフィルター製品と研磨材製品事業部でマーケティング部長を務めた後、海外企業の日本市場開拓を支援するAMS合同会社を設立、現在に至る。

教育分野では、2010年から8年間、大学生のキャリア構築支援を行なうNPOに関わり、2015年から2年間ミネルバ大学の日本連絡事務所代表を務めた後、活動を通じて学んだ大学運営やカリキュラム開発を用いて"教育の再創造"を実現するべくDream Project Schoolを立ち上げた。

2018年より第一学院高等学校顧問、2019年より、ビジネス・ブレイクスルー大学講師、清泉女子大学 地球市民学科顧問などを務める。


慶應義塾大学 経済学部卒業/ ケンブリッジ経営管理学修士

講師
山本 秀樹 氏(AMS合同会社Dream Project School 代表)
※元 ミネルバ大学 日本連絡事務所代表
ご注意事項

当セミナーではチケット購入サービスの「Peatix」を利用しています。

11月17日(火)に同社より、2020年10月16日から17日にかけて不正アクセスにより個人情報が漏えいしたとの報告がありました。10月16日以前に当サービスにご登録をされているお客さまにつきましては、ご利用されているパスワードの変更と、同一のパスワードを他社サービスでもご利用されている場合は、パスワードを変更いただけますようお願いいたします。

詳細はこちらをご確認ください。 
《Peatix Japan株式会社開示資料》はこちら

本件に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。

Peatix Japan株式会社 専用カスタマーセンター
受付時間:10:00~18:00
電話:0120-331-367
メールアドレス:cs@peatix.com

会期期間
開催回数 オンラインライブセミナー:全5回
時間 19:30~21:00(オンラインライブセミナー開講時間)
定員 20名
料金 45,000円(オンデマンド教材、Slackでの非同期ディスカッションとフォロー、オンラインセミナー 各5回分)
場所 お好きな場所でのオンデマンド学習&オンラインでのライブセミナー参加【ZOOM】
主催 関西大学梅田キャンパス/KANDAI Me RISE
共催・協力
問い合わせ先 関西大学梅田キャンパスオフィス 06-4256-6410(担当:松田)
その他

メールマガジンでイベント・セミナー情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

follow us

  • instagram
  • facebook
  • twitter