関西大学 スポーツ振興グループ

  • 新着情報
  • 体育会部員の皆様へ
  • 事務室時間帯
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • HOME
  • 新着情報
  • 【プレイバックKAISERS 2019】ソフトテニス「関西学生秋季リーグ戦で女子が春のリベンジ果たして優勝!秋は3年ぶり」

【プレイバックKAISERS 2019】ソフトテニス「関西学生秋季リーグ戦で女子が春のリベンジ果たして優勝!秋は3年ぶり」



関西大学にスポーツが戻ってくる!

新型コロナウイルスの影響で練習制限が続いている関西大学体育会KAISERSの昨シーズン(2019年シーズン)の活躍を当時の記事と動画(上記)で振り返ります。

第10回は、2019年9月14、15両日に大阪市のマリンテニスパーク北村で行われた関西学生ソフトテニス秋季リーグ戦にプレイバックします。

<「スポーツ振興グループHP」で配信した記事(2019年9月26日付)>
【ソフトテニス】関西学生秋季リーグ戦で女子が春のリベンジ果たして優勝!秋は3年ぶり

関西学生ソフトテニス秋季リーグ戦が14、15両日、大阪市のマリンテニスパーク北村で行われ、本学ソフトテニス部女子が通算4勝1敗で秋は3年ぶりに優勝しました。阿久根麻尋主将(文学部3年)は「新チームになって初めての団体戦で全勝優勝が目標だった。最終戦(対立命館大学戦)で敗れてしまったが、優勝できてよかった」と優勝の喜びをかみ締めていました。

また、7月の西日本学生選手権で優勝するなど実績豊富なルーキー竹田真樹(社会学部1年)は「2回目のリーグ戦で、春は三つ巴となって4位と悔しい結果となったが、秋は他のチームを圧倒して優勝できてよかった」と初の団体戦優勝を振り返りました。

初戦の関西学院大学戦を2−1で勝利した関西大学は、続く同志社女子大学を3−0のストレート勝ちを収めて、3戦目の神戸松陰女子学院大学戦を迎えました。「毎年、優勝争いとなる試合になっていて、苦しい試合になったが竹田たちが勝ってくれて、自分が勝利を決めることができた」と阿久根主将が話すように、2−1の接戦をものにして3連勝で初日を終えました。

そして、2日目の第4戦はこれまで同じく全勝の天理大学戦で、これが事実上の決勝戦となりました。「自分が勝って優勝を決めたいと思った。優勝を決める試合としては最高の形だった」と阿久根主将。1勝1敗で迎えた優勝が決まる3試合目で阿久根主将が見事に勝利し、秋季リーグ戦としては2016年秋以来3年ぶりに関西女王の称号を関西大学にもたらしました。

「新チームとしてはいいスタートを切ることができた。このまま来年の春リーグ、そして夏のインカレと全部の大会で優勝できるように頑張りたい」と阿久根主将。「個人戦でもどの大会でも関西大学の誰かが優勝して、団体も個人も取れるようにしたい」と来季に向けての抱負を力強く話していました。

※所属・学年は取材当時

【お知らせ】
関西大学スポーツ振興センターの公式YouTubeチャンネル
「関西大学KAISERSオフィシャルチャンネル」
を立ち上げました!
今後は体育会KAISERSの活躍を動画でも配信していきます!!
関西大学KAISERSオフィシャルチャンネル

Go KAISERS!

関西大学KAISERSオフィシャルチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCZY6W921ObN1alEsVb2qGlA

新着情報一覧へ

このページの先頭へ