1. HOME
  2. 研究員紹介
  3. 森重 大樹(もりしげ たいき)

研究員紹介

森重 大樹(もりしげ たいき)

名前 森重 大樹(もりしげ たいき)
所属 化学生命工学部(化学・物質工学科)
研究室 材料生産工学研究室
研究の経緯 構造材料としての軽金属材料の結晶粒微細化による高強度化を図るため、強ひずみ加工による超微細粒材料の開発を行ってきた。微量不純物元素がミクロ組織に大きな影響を与えることが明らかになり、ppmオーダーでの不純物濃度の制御が重要であることから、金属中の不純物元素に関する研究も行っている。
研究テーマ ① マグネシウム合金のリサイクル
② マグネシウム合金の耐食性向上
③ アルミニウム合金の摩擦攪拌プロセスによる高強度化
④ アルミニウム合金とマグネシウム合金の摩擦攪拌接合による
  異種金属接合
キーワード アルミニウム、マグネシウム、高純度化、摩擦攪拌接合、摩擦攪拌プロセス、加工熱処理、リサイクル
応用技術分野 自動車・航空機・鉄道用構造用部材、金属加工
学術情報システム 学術情報システムを見る
Name MORISHIGE Taiki
Faculty, Department Department of Chemistry and Materials Engineering,
Faculty of Chemistry, Materials and Bioengineering
Research Topics ① Grain refinement processings of light metal alloys
② Friction stir welding of dissimilar metals and alloys
③ Development of corrosion resistance of Mg alloys
④ Refining process of Mg alloys
Key Words Aluminum alloys, Magnesium alloys, Microstructure, Friction stir welding, Friction stir processing, Severe plastic deformation, Thermomechanical processing, Recycling process
Applications Structural materials for transportation industries
PageTop