1. HOME
  2. 研究員紹介
  3. 葛谷 明紀(くずや あきのり)

研究員紹介

葛谷 明紀(くずや あきのり)

名前 葛谷 明紀(くずや あきのり)
所属 化学生命工学部(化学・物質工学科)
研究室 知能分子学研究室
研究の経緯 生体内で遺伝情報の記録を担うDNAは、原子間力顕微鏡などの一分子計測技術の進歩と共に、魅力的なナノ材料としても注目されるようになった。竹細工における竹ひごと同様に、DNA二重らせんを編み込んだり結んだりすることで、様々なナノ構造体を作成し機能化する手法の開発を行っている。
研究テーマ ① DNAを用いたナノ構造体の構築
② DNAと機能性材料のハイブリッド分子の合成
③ 生体超分子の単分子イメージング
キーワード DNA、核酸化学、分子ロボティクス、ナノテクノロジー、
ナノバイオテクノロジー、一分子計測
応用技術分野 診断・検査技術、エレクトロニクス
学術情報システム 学術情報システムを見る
Name KUZUYA Akinori
Faculty, Department Department of Chemistry and Materials Engineering,
Faculty of Chemistry, Materials and Bioengineering
Research Topics ① Construction of nanostructures made of DNA
② Fusion of DNA and functional nanomaterial
③ Single molecule imaging of bio-oriented
  supramolecules
Key Words DNA, Nucleic Acids Chemistry, Molecular Robotics, Nanotechnology, Nanobiotechnology,
Single Molecule Sensing
Applications Sensing and Diagnostics, Electronics
PageTop