1. HOME
  2. 入試情報
  3. 卒業見込者特別入学試験(S日程)法学既修者(2年修了)コース、法学未修者(3年修了)コース

入試情報

卒業見込者特別入学試験(S日程)法学既修者(2年修了)コース、法学未修者(3年修了)コース

【注意】学生募集要項の内容を抜粋して掲載しています。出願にあたっては必ず学生募集要項(5月中旬完成予定)を確認してください。

2022年度入試日程

コース 法学既修者 法学未修者
試験地 大阪
Webエントリー期間
検定料納入期間
出願期間
7月13日(火)~7月20日(火)
締切日消印有効
試験日 8月1日(日)
合格者発表日 8月6日(金)

募集人数についてはこちら

併願について
本入試種別内において「法学既修者コース」と「法学未修者コース」の併願が可能です。

このページの先頭へ戻る

書類審査

 学業(学部)成績をもとに計算した得点結果(法学既修者コースは200点満点、法学未修者コースは100点満点)をもって、書類審査の得点とします。
 なお、法曹コース修了(見込)者には特別評価として、法学既修者コースは60点、法学未修者コースは30点を加点します。ただし、法学既修者コースの書類審査の合計点が200点を超えた場合はすべて200点として、法学未修者コースの書類審査の合計点が100点を超えた場合はすべて100点として評価します。

このページの先頭へ戻る

筆記試験・面接試験

 法学既修者コースは筆記試験(法律科目試験)と面接試験、法学未修者コースは筆記試験(小論文)と面接試験を実施します。
 なお、法律科目試験は、同日に行う一般入学試験の既修者コースと共通の出題により、同一時間帯に実施します。
 また、小論文は、同日に行う一般入学試験の未修者コースと共通の出題により、同一時間帯に実施します。

<法学既修者コース>
試験時間 科目 出題範囲・試験内容 配点
10:00~11:30(90分) 民法 民法全般 主として、代表的かつ基本的な論点に関し、法文および判例通説の理解ないしその応用能力を問う論述式試験とします。 60点
商法 商法全般 30点
12:30~13:30(60分) 憲法 憲法全般 60点
14:00~15:00(60分) 刑法 刑法全般 60点
15:30~(1人約15分) 面接 学部での勉学状況等に関する質疑を行い、コミュニケーション能力、理解力、表現力などを総合的に評価します。 40点
  • ※ 民法と商法は同じ時間帯に試験を実施しますが、出題と採点は科目ごとに行います。
<法学未修者コース>
試験時間 科目 出題範囲・試験内容 配点
15:40~16:40(60分) 小論文 社会一般に関する論説を題材にして、法曹養成教育を受けるための基盤的能力(読解力、思考力、文章構成力等)を問う論述式試験とします。 100点
17:00~(1人約15分) 面接 学部での勉学状況等に関する質疑を行い、コミュニケーション能力、理解力、表現力などを総合的に評価します。 50点
  • 注1 試験当日は、「受験票」(ダウンロードのうえ、A4サイズで印刷)を必ず持参してください。
  • 注2 すべての科目において、持ち込みは一切不可です。
    ただし、法学既修者コースの筆記試験(法律科目試験)については、本法科大学院において準備した六法〔ポケット六法(有斐閣)〕の参照を許可します。
  • 注3 法学既修者コースの筆記試験(法律科目試験)のいずれか1科目でも基準点に抵触する場合(得点が配点の20%未満となる場合)は、合計得点に関係なく、原則として不合格となります。
  • 注4 面接試験の得点が著しく低い場合は、合計得点に関係なく、不合格となることがあります。
    また、法学既修者コースと法学未修者コースを併願する場合の面接は、17:00以降に両コース併せて同一時間帯に実施します。

このページの先頭へ戻る

入試情報

  • 概要・入試日程
  • 進学説明会日程
  • 法曹コース特別選抜入学試験(A日程)[5年一貫型教育選抜][開放型選抜]法学既修者(2年修了)コース
  • 卒業見込者特別入学試験(S日程)法学既修者(2年修了)コース、法学未修者(3年修了)コース
  • 一般入学試験(S・A・B・C日程)法学既修者(2年修了)コース、法学未修者(3年修了)コース
  • 実務経験者特別入学試験(A日程)法学未修者(3年修了)コース
  • 学費・奨学制度
  • 長期履修学生制度
  • 個人成績の開示
  • 法律基本科目履修免除試験
  • 学生募集要項・パンフレット
  • 入試過去問題
  • 法科大学院入試結果概要