1. HOME
  2. 研究科紹介
  3. 研究科長からのメッセージ

研究科紹介

研究科長からのメッセージ

2020年度入学式式辞(2020/4/2)

関西大学大学院
法務研究科長
木下 智史

 関西大学法科大学院に入学された皆さん、ご入学おめでとうございます。法科大学院の教職員を代表して心からお祝いを申し上げます。皆さんが関西大学法科大学院を勉学の場として選ばれたことを心より嬉しく思います。

 関西大学法科大学院は、教育理念として、3つの資質を備えた法曹の養成を掲げております。
 1は理論と実務とのバランス、2は優れた人権感覚、3は複雑・多様化する現代社会で生起する新たな問題に適切に処理することができる創造性です。関西大学法科大学院は、これら3つの資質を備えた法曹を養成するためのカリキュラムを提供し、皆さんが本学を修了後、社会に必要とされる優れた法曹となれるよう最大限に支援していまいります。
 法曹になるという夢を実現するには、一所懸命勉学に励む必要があります。司法試験に合格するための魔法の勉強方法は存在しません。毎日コツコツ地道に、法律に関する知識を少しずつでも確実に自分のものにすることです。勉強をすすめる過程で疑問や悩みが生じるでしょう。関西大学法科大学院は相談体制を整えておりますので、ご活用下さい。
 さて、コロナウイルスの影響で、授業の開始が20日に延期となりました。現在、20日の授業開始に向けて最大限の努力を行っております。皆さんは、20日の授業開始に向けて万全の準備を整えて下さい。司法試験の合格を目標にして計画的に学習を進めるようにして下さい。その学習計画の中に、毎日の授業の予復習をうまく取り入れて勉強をすすめて下さい。
 皆さんが、関西大学法科大学院での2年間、3年間を、自分を厳しく律して勉学に励まれて、法科大学院の修了後に司法試験の合格を祝うことができることを祈念して、私の式辞とさせていただきます。
 皆さん、ご入学おめでとうございます。

2019年度学位記授与式祝辞(2020/3/21)

 関西大学法科大学院を修了されたみなさん、ご卒業おめでとうございます。本日、法務博士の学位を授与されるのは、13名の方々です。
 皆さんは、法務博士の学位とともに司法試験の受験資格を得ました。皆さんの多くが司法試験を受験されることと思います。司法試験を受験される皆さんに、毎年同じ内容の式辞ではありますが、心に留めておいてほしいことを三つお話ししたいと思います。

 第一は、自分に自信を持って試験に臨むことです。皆さんの中には、5月に迫った司法試験を考えると、できていないことに目がいって不安になるかも知れません。しかし、この時期に、できていないことに不安になっても得るものはありません。皆さんは、2年ないし3年の年月をかけて法律学を学び、法科大大学院を無事、修了されました。そのことに自信を持って下さい。試験までの2ヶ月を、法科大学院で学んだ力を十二分に発揮するためにどのように過ごすべきか、を考えて下さい。司法試験は4日に渡るハードな試験です。実力を100パーセント発揮できる受験生は多くないでしょう。実力を発揮できずに悔しい思いをすることがないように、自信を持って試験に臨むよう準備して下さい。
 第二は、自分を厳しく律することです。司法試験は3人に1人を合格させるための試験です。競争は厳しいですが、司法試験に合格するためにずば抜けた才能は必要ありません。受験生の中で上位3分の1に入れば受かります。受験勉強は長くて苦しいです。自分を厳しく律して、上位3分の1にいるのだと自信をもって言えるよう一所懸命勉強をして下さい。
 第三は、失敗を否定的に考えないことです。司法試験では、3人のうち2人が不合格になります。不合格となったとき、自分に何が欠けていたのか、合格するために何をなすべきなのかを真剣に考えて下さい。司法試験に失敗したとき、過去ではなく、将来を見据えた合理的な決断を行って下さい。
 卒業後も、受験や進路のことで、心配になったり不安を抱いたりするかと思います。そんなときは、法科大学院の先生を訪ねて下さい。特別演習でお世話になったアカデミック・アドバイザーの先生も、みなさんをサポートしてくれます。就職に関しては、来賓としてお見えの栗原先生をはじめ就職支援委員会の先生が、みなさんのお手伝いをします。司法試験に合格した後については、本日来賓としてご出席の小谷幹事長をはじめとする関大法曹会が全面的にサポートしてくださいますから、安心してください。
 みなさんのこれからのご活躍をお祈りしております。

経歴

京都大学大学院法学研究科博士課程所定単位修得後退学。
1986年関西大学法学部専任講師、1989年助教授、1996年教授。2004年関西大学法科大学院教授。

このページの先頭へ戻る

研究科紹介

  • 研究科長からのメッセージ
  • 教育理念
  • 基本情報
  • 数字で見る法科大学院
  • 施設・設備
  • 無料法律相談
  • 先進的教育プログラム
  • 遠隔地法律相談