中1 宿泊研修に行ってきました

4月20日(水)~22日(金)、岡山県美作市のゆのごう美春閣で宿泊研修を実施しました。入学して初めての宿泊行事でしたが、2泊3日の研修活動を通して、あいさつの声、集団での行動等も意識が高くなり、生徒たちにより良い変化が見られました。今後の中学生活においても研修で学んだことを活かし、感謝の気持ちを忘れず学校生活を送っていきましょう。以下、生徒たちの感想や活動の様子になります。

【1日目】
「集団行動・チームビルディング・玉入れ練習」
まず、チームビルディングでは、初対面のクラスメイトとたくさんコミュニケーションをとることができました。集団行動では、男女グループで絆を深めることができ、ゴールしたときに達成感を味わうことができました。玉入れでは、男女で分かれて応援しあって、クラスの雰囲気が玉入れ練習の前より良くなりました。(F組)

【2日目】
「オリエンテーリング」
話をしないとできないので、みんなで話し合って一つ一つ達成していくごとに仲良くなれたのがうれしかった。オリエンテーリングで一番、男女共に仲良くなれたと思います。一人でやるのではなく、みんなで協力してやることに意味があると感じました。(D組)
「ドッジビー」
ドッジビーでは男女関係無く思いっきり楽しむことができました。お互い応援して、自分達のクラスが1点をとると、クラス全員が全力で喜ぶなど雰囲気も良く、大変楽しかったです。そしてなにより、ドッジビーだけでなく、この宿泊研修を通じで「絆」が深まったと感じました。このようにこれからもより「絆」を深めていきたいです。(B組)

【3日目】
「大縄大会」
この三日間で、一番絆が深まったのがこのプログラムだと僕は思います。クラス全員が一丸となって、大縄に取り組む姿は、とても心に残っています。この競技で1位をとれたのは、ドッジビーが最下位だったのもあると思いますが、みんなが協力する力が一番大きかったです。これを企画して下さった先生方ありがとうございました。(E組)

「玉入れ大会」
僕達C組は、玉入れには自信がありました。練習では1位だったからです。しかし本番では2位でした。悔しかったですが、すごく楽しかったです。先生も頑張っていました。皆との良い思い出になりました。皆と協力できてうれしかったです。(C組)

「宿泊研修を通して」
学級活動やオリエンテーリングでは、班の人、クラスの人との絆がより一層深まったと思う。特に応援や声かけの仕方も、相手(仲間)を思いやる言い方だったと思えた。この2泊3日の宿泊研修は、良い所や検討点、直していきたいところもはっきり見え、これから一中生として、一人の人として学んでいくこと、学ばなければいけないことが分かった。これからも、人に対しての態度を考えていこうと思った。(A組)

20220420shukuhaku (1).jpg 20220420shukuhaku (2).jpg 20220420shukuhaku (3).jpg 20220420shukuhaku (9).jpg 20220420shukuhaku (4).jpg 20220420shukuhaku (5).jpg 20220420shukuhaku (6).jpg 20220420shukuhaku (7).jpg 20220420shukuhaku (10).jpg 20220420shukuhaku (8).jpg 

  

過去の記事一覧へ戻る

このページの先頭へ