関西大学出版部

カートを見る

経済大国 日本の経営 
豊かさのゆくえ

New

電子書籍はこちら 
※丸善雄松堂「Maruzen eBook Library」と紀伊國屋「KinoDen」は機関向けです。

電子書籍 丸善 Knowledge Worker
電子書籍 紀伊國屋 KinoDen
廣瀬 幹好 著
 
 
 
判 型 四六判
ページ 240頁
定 価 1,870(本体1,700円+税)
ISBN 978-4-87354-772-5
分類コード C3034
刊行年月 2023年12月
新刊

ゆとりある生活実現に向けた日本型経営のあり方を問う
1980年代後半以降日本が経済大国を自認すると同時に、日本型経営の欧米に対する優越性を説く論調が勢いを得た。この自画自賛の経営論は、バブル崩壊に続く90年代後半以降、日本企業の競争力の低下とともに完全に鳴りを潜めて現在に至る。いま求められているのは、企業の競争力の説明論ではなく、人びとの生活を豊かにする経営論である。

目 次
第一章 「成功」の謎解き
 1 背景
 2 柔軟な職務
    情報効率性/作業組織の柔軟性
 3 人間尊重の経営
    生産のヒューマンウェア/人本主義経営
 4 自発と強制
    自発性とは/自発性を生む構造
 5 根なし草の経営論

第二章 経営と人間の尊厳
 1 豊かさとは
 2 経済成長と経営論
    もはや「戦後」ではない/高度成長/金ぴかの80年代と「日本的経営」論/「戦後」はなお続いている
 3 グローバリゼーションの中に
    バブルの破裂と90年代/「日本型経営」が危い
 4 経営の再生
    日本の組織文化/組織文化の再生

第三章 経営機構改革と経営理念
 1 台頭する拝金主義
 2 経営機構改革の波
    機関とは/経営機構―伝統的日本型と米国型/経営機構改革の波
 3 米国型の経営機構
    指名委員会等設置会社/A社の事例/米国型の選択状況
 4 機構改革と経営理念
    新日本型経営機構/米国型の影響/社外取締役の増加
 5 経営理念をめぐって

第四章 経営者の役割
 1 経営の視点
 2 主権の所在
    経営者主権論の提唱/株主主権の相対化/経営者の主権
 3 会社それ自体とは
    会社はモノか/企業価値とは/会社それ自体とは
 補論 企業価値の再考

第五章 経営の未来
 1 30年を経て
    経済大国化と生活の豊かさ/働き方の改革
 2 経営の未来
    企業と社会/ゆとり社会への条件

 補章 経営学研究の視点
  1 経営学研究の現状
  2 批判の経営学と実践性
  3 指導原理としての規範の意義
  4 規範の合理的根拠
  5 政策の経営学

あとがき
索引