関西大学出版部

カートを見る

謎解きとコミュニケーション 
語用論から西欧の知を考える

電子書籍はこちら
※丸善雄松堂「Knowledge Worker」はトップページから書名検索をしてください。紀伊國屋「KinoDen」は機関向けです。

丸善 Knowledge Worker
紀伊國屋 KinoDen
電子書籍 kindle
電子書籍 楽天kobo
山本 英一 著
 
 
 
判 型 A5判
ページ 170頁
定 価 1,980(本体1,800円+税)
ISBN 978-4-87354-764-0
分類コード C3082
刊行年月 2023年03月

コミュニケーションは「謎解き」、つまり多義を解読する推論行為だ
語用論は場面の意味を考える。そこでは記号と意味の一意対応はなく、謎解きのように推論を通して最適の解に至る。一方、必然性と規則性を志向する西欧の学問は、既にある秩序から解を選ぶことはできても、混沌から結論が立ち現れることは許さない。本書は「謎解き」をキーワードに発話解釈と西洋の知の限界を考える。

本書は2019年刊行『ウソと欺瞞のレトリック』の続編。

目 次
はじめに

第Ⅰ部 謎解きのコミュニケーション
 第1章 謎解きとしてのコミュニケーション
 第2章 謎解きと推論―アブダクション、ヒューリスティック、エンテュメーマ
 第3章 フィクション(虚構)のはたらき―推論の原動力を求めて
 第4章 サイレント・ナラティブとは―その学問的意義を考える
 第5章 ナラティブから見直すポライトネス

第Ⅱ部 理論の謎を解く
 第6章 一つの解への執着―西欧思想の呪縛
 第7章 呪縛からの解放(試論)
 第8章 結びにかえて

参考文献
索引
初出一覧