関西大学出版部

カートを見る

スイス観光業の近現代 
大衆化をめぐる葛藤

電子書籍はこちら
※丸善雄松堂「Knowledge Worker」はトップページから書名検索をしてください。紀伊國屋「KinoDen」は機関向けです。

丸善 Knowledge Worker
紀伊國屋 KinoDen
森本 慶太 著
 
 
 
判 型 A5判上製
ページ 184頁
定 価 3,080(本体2,800円+税)
ISBN 978-4-87354-758-9
分類コード C3022
刊行年月 2023年02月

観光業界に示唆を与える近現代史
 1930年代以降のスイスでは、第一次世界大戦前のように外国人富裕層の旅行様式を前提とする、高水準の観光の維持が限界に達した。観光業界は大衆化をはじめとする社会的・経済的変動と向き合い、新たな方向性を打ち出す必要に迫られた。1930年代から40年代前半にかけて、スイスの観光業界は、観光の大衆化と客層の差別化をめぐるせめぎあいの渦中にあり、そこから戦後の西欧諸国における観光の大衆化を促進した観光振興構想の一つが形成されていく。
 このスイス観光業の近現代史は、混迷のなかにある観光業界に示唆を与えるだろう。

目 次
序章
 第1節 大衆化をめぐる葛藤
  (1)大衆批判と観光
  (2)戦間期とマス・ツーリズム
 第2節 スイス ―近代から現代へ
  (1)日本におけるスイス史研究の展開
  (2)近代から現代へ
 第3節 スイス観光業の歴史 ―研究動向
  (1)近代ツーリズムとスイス
  (2)先行研究
  (3)本書の課題と構成

第1章 「ベル・エポック」の終焉 ―宿泊業界の危機感
 第1節 スイスにおける近代ツーリズムの展開
 第2節 スイス内国博覧会にみる宿泊業界の危機感
 第3節 連邦政府による宿泊業界支援策
 まとめ

第2章 スイスを宣伝する ―観光振興組織の設立と再編
 第1節 観光振興組織の設立構想とその背景
 第2節 観光局設立をめぐる論議
 第3節 戦間期の観光事務所の運営と再編
 まとめ

第3章 観光業の結集 ―スイス観光連盟による危機への対応
 第1節 戦間期における観光業の変容
 第2節 ホテル協会の危機対応と観光連盟の設立
 第3節 観光連盟の事業展開
 まとめ

第4章 「安価なスイス」へようこそ ―ホテルプラン協同組合による大衆化の試み
 第1節 ミグロの事業展開から政界進出へ
 第2節 ホテルプランの事業活動
 第3節 ホテルプランと観光業界 ―「安価なスイス」をめぐって
  (1)ホテルプランの経営状況
  (2)「安価なスイス」をめぐる業界団体との確執
 まとめ

第5章 「スイス的」な旅行団体の誕生 ―スイス旅行公庫協同組合と観光業界
 第1節 社会事業としての観光 ―ドゥットヴァイラーの余暇普及策と観光業界
 第2節 エーレンシュペルガーの「労使間平和」構想
 第3節 「スイス的」な旅行団体と観光業界の論理
 まとめ

第6章 「準備の時代」 ―科学的観光論における戦後構想
 第1節 スイスにおける観光論の形成
  (1)「科学的観光論」の誕生―フンツィカーとクラップ
  (2)観光論の制度化
 第2節 レプケによる「自由な国際経済」と大衆化への展望
 第3節 「ソーシャル・ツーリズム」をめぐる戦後構想
  (1)戦時中のReka
  (2)観光論における「ソーシャル・ツーリズム」の形成
 まとめ

終章

 あとがき

 初出一覧/史料・文献目録
 人名索引/事項索引