関西大学出版部

カートを見る

防災教育学の新機軸 
まなび合いのアクションリサーチ

重版

電子書籍はこちら 
※丸善雄松堂「Maruzen eBook Library」と紀伊國屋「KinoDen」は機関向けです。

電子書籍 丸善 Knowledge Worker
電子書籍 紀伊國屋 KinoDen
電子書籍 kindle
電子書籍 楽天kobo
近藤 誠司 著
 
 
 
判 型 A5判上製
ページ 216頁
定 価 3,520(本体3,200円+税)
ISBN 978-4-87354-755-8
分類コード C3037
刊行年月 2022年11月
重版

ご好評につき、第二刷刊行!
アセット 461.jpg
いのちをまなざす、防災教育学の新たな挑戦
 災害が頻発する現代において、防災教育の重要性が指摘されて久しい。その要請に応えることは確かに急務である。しかし、すでに現場には混乱が生じている。声高に「生きる力」を叫ぶ教育現場では、ノウハウやハウツー、サバイバビリティを効率的に教え込もうとする筋肉質の防災、脅しの防災が散見される。その一方で、防災を楽しく口触り良く伝えようとするがあまり、生命の死を等閑視して、自然を畏怖する謙虚な姿勢さえも看過したソフトな防災、劣化版の防災も跋扈しているようにみえる。
 本書ではこのような両極を斥け、弁証法的に解決策を探索していく。そこでは、「まなび合い」の構えを基軸に据えた、いのちをまなざす防災教育学の彫琢が試みられる。次の千年紀を見据えた防災教育学の挑戦を、ぜひ一緒に目撃してもらいたい。

目 次
序章 いのちの光粒子
 1 いのちに対するまなざし
 2 北風と太陽の弁証法
 3 四次元のまなび合い
 4 本書の構成

第1章 防災教育学の立脚点
 1 倫理の虚構性
 2 防災教育の当事者性
 3 防災教育の偶有性
 4 防災教育の余剰的同一性
 5 防災教育のポテンシャリティ

第2章 防災教育学のアクションリサーチ
 1 ともにコトをなすこと
 2 校内防災放送プロジェクト
 3 プロジェクトの直接的なインパクト
  (1)高学年児童の防災関心度の変化
  (2)コンテンツ別の評価とデータの信頼性
  (3)マンネリズムという壁に関して
  (4)アクションによる影響の残存具合
  (5)コロナ禍の影響をフィールド内で確かめる
 4 実在的な意味におけるインパクト
 5 学校現場へのインプリケーション

第3章 インクルージョンとオープンネス
 1 「こども梧陵ガイド」プロジェクト
  (1)二次元、三次元、そして四次元へ
  (2)“梧陵さん”を通したまなび合い
  (3)実践の直接的効果と波及的効果
  (4)効果の残存具合
  (5)四次元のまなび合いに向けて
 2 国際理解教育とのリンク
  (1)ホアマイの教訓
  (2)「ダイバーちゃん」と「ぼうさいぶらり旅」
 3 食物アレルギー教育とのリンク
  (1)“たまちゃん”の挑戦
  (2)ひとまずの成果
 4 オープン・プラットフォームのポテンシャリティ
  (1)教材動画のプラットフォーム
  (2)実践のインパクト
  (3)意図せざるインパクト
  (4)四次元の感染と連帯

第4章 教育効果の測定に関するチャレンジ
 1 フォトボイス法による実践のバックチェック
 2 防災川柳のアナリシス
 3 CREDO ~言葉のアクションリサーチ~

第5章 防災を生きる
 1 災害ボランティアからのまなび
  (1)災害ボランティアという経験
  (2)IVUSA
  (3)質問紙調査の結果と分析
  (4)人生のなかの防災
 2 フィールドワークからのまなび
  (1)フィールドワークという経験
  (2)フィールドワークのインパクト
 3 防災活動からのまなび
  (1)若手の防災活動推進者の心的構造分析
  (2)生き様をまなぶ

終章 愛のかたち ~試論 BACEV+L モデル~

あとがき
初出一覧
索引