関西大学出版部

カートを見る

災害報道とリアリティ 情報学の新たな地平

電子書籍はこちら

丸善 Knowledge Worker
紀伊國屋 KinoDen
電子書籍 kindle
電子書籍 楽天kobo
近藤 誠司 著
 
 
 
判 型 A5判上製
ページ 218頁
定 価 2,860(本体2,600円+税)
ISBN 978-4-87354-747-3
分類コード C3036
刊行年月 2022年02月

ご好評につき、第二刷刊行! 災害報道重版.jpg
大胆に、かつ冷静に。
報道の危機が叫ばれて久しい。そうしたなかで災害報道も苦境に瀕している。被災の現実を迅速に伝えようとしても、逆に被災者に迷惑をかけてしまう事態がネットにさらされ、「マスゴミ」と揶揄される始末である。情報の伝え手と受け手の信頼関係が底抜けしている。徒労感や閉塞感が充満している。情報テクノロジーが高度化すればするほど、情報空間は貧しくなってきているとさえいえる。
 これまでに何度も議論の俎上に載せられてきた「災害報道のベターメント」の問題に関して、解決に向けたあらたな一歩を踏み出すためには、虚心坦懐に理論の立脚点を問いなおし、実践上のアプローチをかえることが求められるのではないか。
 満身創痍の災害報道に対する特効薬はない。だからといって、場当たり的な対症療法に終始するのではなく、根本治癒を目指したものでなければならない。
 本書では「情報」の特性を再定義して、コミュニケーションモデルを描き直し、リアリティの水準から論を興す、新たな地平に立つことにした。人々の命を救う緊急報道、人々の命を支える復興報道、人々の命を守る予防報道の三局面に関して、災害報道のありかたをトータルな視座を確立しようとしている。
 自然災害・社会災害が頻発する現代社会において、災害報道をめぐる根本問題にメスを入れることは、すでに待ったなしの状況にある。大胆に、かつ冷静に。「災害報道学」(Disaster Journlism)の礎石となることを目指した待望の書が、ようやく世に放たれる。

目 次
序章 災害報道研究をひらく
 1 満身創痍の災害報道
 2 対症療法ではなく根本治癒を
 3 本書の構成

第Ⅰ部  災害報道研究の理論
第1章 災害報道の定義
 1 災害報道の基本3機能
 2 災害報道の基本4象限

第2章 災害報道研究史を概観する
 1 災害報道研究の布置
 2 マスコミ研究における災害報道研究のプレゼンス
 3 災害情報研究のなかの災害報道研究の動向

第3章 災害報道研究の新たな理論モデル
 1 コミュニケーション・モデルズからの示唆
 2 減災の正四面体モデルの特長と限界
 3 リアリティの地平
 4 メディア・イベントにおけるリアリティの共同構築モデル

第Ⅱ部 災害報道の局面別の再検討
第4章 緊急報道の分析
 1 メディア・イベントとしての東日本大震災
 2 東日本大震災の緊急報道のリアリティ分析
   (1)第1フェーズにおける映像内容の分析結果
   (2)第1フェーズにおける呼びかけコメントの分析結果
   (3)第2フェーズにおける映像内容の分析結果
   (4)第2フェーズにおける呼びかけコメントの分析結果
   (5)第3フェーズにおける映像内容の分析結果
   (6)第3フェーズにおける呼びかけコメントの分析結果
 3 リアリティを高める糸口を探求する
   (1)情報の「ローカリティ」の早期確保の必要性
   (2)リアリティ・ステイクホルダーとしての役割認識の必要性
   (3)災害情報をめぐる基本フォーマットからの逸脱の可能性

第5章 復興報道の分析
 1 メディア・イベントとしての四川大地震
 2 四川大地震の復興報道のリアリティ分析
   (1)「カネ」という数値:寄付金の額をめぐるリアリティ
   (2)「時間」の数値:被災者に一方的に提示される期限のリアリティ
   (3)「ヒト」の数値:死者のカウントアップのリアリティ
 3 リアリティを重ねる糸口を探求する

第6章 予防報道の分析
 1 メディア・イベントの構成員に着目する
 2 防災番組の登場人物分析
   (1)「NHKスペシャル」の内容分析
   (2)「クローズアップ現代+」の内容分析
 3 リアリティを深める糸口を探求する

第Ⅲ部 理論と実践の往還
第7章 実践事例1:災害報道版クロスロード
 1 災害報道版クロスロードの開発
 2 災害報道版クロスロードの実際
 3 災害報道版クロスロードのポテンシャリティ

第8章 実践事例2:早期避難の呼びかけ―広島モデル―
 1 呼びかけの呼びかけ
 2 呼びかけの呼びかけの新展開
 3 広島モデルのポテンシャリティ

第9章 実践事例3:KOBE虹会
 1 溶け合うことばたち
 2 他者との交歓
 3 共同性のポテンシャリティ

第Ⅳ部 到達点からの展望
第10章 COVID-19とインフォデミック
 1 インフォデミックの情況
 2 インフォデミック禍のリアリティ
  (1)真偽の未定性・不定性
  (2)分断と連帯
  (3)可視化と不可視化
 3 情報のワクチノロジー

終章 リアリティのリアリティ

あとがき
索引