関西大学出版部

カートを見る

17世紀フランス文法家証言集 Ⅲ 副詞

電子書籍はこちら

丸善 Knowledge Worker
紀伊國屋 KinoDen
伊藤 誠宏 著
 
 
 
判 型 A5判上製
ページ 358頁
定 価 3,740(本体3,400円+税)
ISBN 978-4-87354-553-0
分類コード C3085
刊行年月 2013年03月

本書は、17世紀フランス文法家の副詞及び副詞表現に関する見解を収集した資料文献集である。
Oudin,Vaugelasなど、近代フランス語の形成に寄与した人々が、どのような考えに基づいて国語を精査・洗練し、作り上げようとしていたかを、本書から感知できると思う。また、本書は近代フランス語の形成過程を知るのに役立てることができる、貴重な著書でもある。

目 次
まえがき
A Absolument ~ Autrement
B Beaucoup ~ Bref
C Cependant,Pendant ~ Certainement
D D'abondant ~ D'vne heure à I'autre
E En apres, par apres ~ Extrémement
F Faute, à faute, par faute ~ Finablement, finalement
G Guere,gueres, de gueres, nagueres, de naguere, de nagueres
H Huy, enhuy, d'enhuy, meshuy et dés-meshuy
I Illec
J Ja ~ Jamais plus
L Leans ~ Longuement
M Maint & maintefois ~ Moult
N Nenny ~ Notamment
O Onc, onque, onques ~ Or, ore, ores
P Par ainsi ~ Prou
Q Quantefois ~ Que non pas
S Sans dessus dessous ~ Souventesfois
T Tandis ~ Turbulement
V Voire ~ Voirement

Oudinの副詞所見一覧
― Oudin, Grammaire rapportée au langue du temps(1640)の本書記述除外データから―
あとがき