関西大学出版部

カートを見る

アジアにおける文化システムの展開と交流 

森部 豊・橋寺 知子 編著
 
 
 
判 型 A5判上製
ページ 288頁
定 価 3,740(本体3,400円+税)
ISBN 978-4-87354-543-1
分類コード C3022
刊行年月 2012年03月

平成19年度から4年間、関西大学東西学術研究所で展開された共同研究「アジアにおける文化システムの展開と交流」は、中央アジア文化と環インド洋文化の2班から成り、各文化圏の成り立ちや多様性、文化の交流関係を探ってきた。本書はその研究成果報告で、多彩な研究員の視点から、アジア文化の諸相を具体的に論じる。

目 次
序文
はしがき
森部 豊「安史の乱」三論
堀川 徹 中央アジア文化における連続性について―テュルク化をめぐって―
福田浩子 トルクメン人の民族衣装・被衣チルピについて
中田美絵 長安・洛陽における仏典翻訳と中央アジア出身者―武則天・中宗期を中心に―
藤原崇人 契丹(遼)後期の王権と菩薩戒
橋寺知子 インドの近代建築と都市計画―インドにおける「チャンディガル」の意味と現在―
新谷英治 『キターブ・バフリエ』韻文序に見えるペルシア湾及びインド洋西岸部
蜷川順子 ヨーロッパ人が描いたアジア
谷口淳一 中世南インドのムスリム知識人―ザイン・アッディーン・マァバリー著『ポルトガル人の諸情報におけるジハード戦士の贈り物』に関する覚え書き―
吉田雄介 イランに関する地理的知識の拡大と英領インドの役割―1850年代から1870年代にかけての英王立地理学協会雑誌掲載論文を中心として―