関西大学出版部

カートを見る

日本と琉球の歴史景観と地理思想 

高橋 誠一 著
 
 
 
シリーズ 関西大学東西学術研究所研究叢刊42
判 型 B5判上製
ページ 368頁
定 価 6,050(本体5,500円+税)
ISBN 978-4-87354-549-3
分類コード C3025
刊行年月 2012年10月

琉球は、古代以来、日本文化の影響下におかれてきたというのが一般的な理解である。しかし、歴史景観に潜んでいる地理思想を分析すれば、これはある意味では作為的なミスリードであったことがわかる。本書では、集落形態、道路網、龍の存在、魔除けの標識、天妃信仰などのフィールド調査を通じて、相互の多面的な交流を検討する。

目 次

総論 日本と琉球の歴史景観と地理思想
 1 はじめに―方と円の歴史景観
 2 都市・村落と風水思想
 3 都市と村落を囲むもの
 4 龍の存在
 5 直線道路と曲線道路
 6 石敢當と遠見遮断からの展望―むすびにかえて
第1章 東アジア世界としての古代飛鳥と広域的都市計画
 1 はじめに―東アジアにおける文化交渉の舞台としての古代飛鳥
 2 飛鳥・藤原における広域的都市計画
 3 渡来人の飛鳥地理観と「石の文化」
 4 飛鳥の要塞化と文化交渉―むすびにかえて
第2章 風水都市としての紫香楽宮と方格地割
 1 史跡紫香楽宮と宮町遺跡
 2 宮町地区における方格地割
 3 信楽盆地における方格地割
 4 紫香楽宮と恭仁宮の立地と風水思想
第3章 長崎唐人屋敷の景観と構造―中国風囲郭街区への改造―
 1 はじめに
 2 長崎唐人屋敷の変容
 3 長崎唐人屋敷の景観復原
 4 復原図からみた後期唐人屋敷のプラン
 5 おわりに
第4章 琉球における石敢當―那覇市首里地区を事例として―
 1 琉球の街角―石敢當のある光景
 2 石敢當に関する既往の研究
 3 那覇市首里地区の石敢當
第5章 那覇市壺屋地区の曲線道路と石敢當
 1 はじめに―陶業集落としての那覇市壺屋地区
 2 「迷宮」的な壺屋地区と石敢當
 3 琉球における古い集落形態としての壺屋
 4 おわりに―壺屋地区の景観保全
第6章 石敢當の伝播と拡散にみる琉球と日本―奄美諸島を中心として―
 1 日本列島の石敢當
 2 奄美諸島における石敢當
 3 石敢當の伝播・拡散と文化交渉
第7章 今帰仁城近接地からの集落移動と格子状集落今泊の形成―土地所有からみた分析―
 1 今帰仁城周辺の旧集落地と集落移動に関する既往の研究
 2 今帰仁城周辺の集落移動に関する再検討の意義と経緯
 3 土地所有状況から見た今帰仁城近接地区と今泊集落
 4 むすびにかえて―土地所有状況から見える集落移動の実態
第8章 琉球の歴史的集落今泊の景観と保全
 1 歴史的集落としての今帰仁村今泊
 2 今泊集落の家屋と屋敷囲い
 3 今泊集落の石敢當
 4 今泊集落の福木景観
 5 今泊景観の保全
第9章 奄美大島龍郷町の集落と石敢當
 1 日本における石敢當と奄美諸島
 2 龍郷町の集落と石敢當
 3 龍郷町の石敢當の特色―むすびにかえて
第10章 神の島・古宇利島の集落と伝統的地理思想―琉球としての再認識と強調―
 1 神の島・古宇利島
 2 古宇利島における石敢當
 3 古宇利島における民俗信仰と琉球であることの再認識
 4 民俗信仰の活性化と琉球であることの強調―石敢當ブームの語るもの
第11章 日本における天妃信仰の展開とその歴史地理学的側面
 1 日本における媽祖信仰に関する研究
 2 天妃宮の分布と立地
 3 天妃・天后の舞台とその変貌―むすびにかえて
あとがき
初出一覧
図版・写真・表一覧
索引