関西大学出版部

カートを見る

1930年代における日本の金融政策 
時系列分析を用いた定量的分析

電子書籍はこちら

丸善 Knowledge Worker
紀伊國屋 KinoDen
内藤 友紀 著
 
 
 
判 型 A5判上製
ページ 168頁
定 価 2,860(本体2,600円+税)
ISBN 978-4-87354-664-3
分類コード C3033
刊行年月 2017年10月

1930年代の日本における拡張的な金融政策およびそれに付随する為替相場低位安定化の政策効果や実体経済への影響について、さらには信用乗数、貨幣需要関数、期待インフレ率、金利の期間構造、シニョレッジなど、当該期の金融政策を取り巻く経済環境について、経済時系列データを用いた計量分析によって明らかにする。

目 次
序章 本書の背景と構成
第1章 マネーと実体経済の長期的関係
第2章 金利の期間構造
第3章 インフレ期待
第4章 金融政策の効果
第5章 金融政策と財政の持続性
第6章 為替レートと貿易
終章
原データ一覧
参考文献
あとがき
索引