関西大学出版部

カートを見る

日本における近代中国学の始まり 漢学の革新と同時代文化交渉

陶 徳民 著
 
 
 
判 型 A5判
ページ 340頁
定 価 2,530(本体2,300円+税)
ISBN 978-4-87354-650-6
分類コード C3091
刊行年月 2017年03月

藤澤東がいから見た銭泳『海外新書』、星野恒選・王韜評『明清八家文』;「桐城派」族譜と藤野海南・宮島大八、吉野作造・青木正児・西村碩園の五四「文学革命」観;重野安繹・青木・倉石武四郎の「漢文直読」論、内藤湖南の章学誠顕彰に影響された胡適・姚名達・張爾田など、「土着」の漢学が目指した近代的革新を活写。

目 次
目 次
 口絵集
 序説「土着」の漢学が目指した近代的革新
 第一部 文章論、「文学革命」観と漢文直読の問題
  第一章 明治大正期における桐城派の文章論の影響
  第二章 民国初期の文学革命に対する日本知識人の反応
  第三章 近代における「漢文直読」論の由緒と行方
 第二部 文章選録と人物評価をめぐる切磋琢磨
  第四章 天保期の藤澤東がいから見た銭泳編『海外新書』
  第五章 星野恒選編・王韜評点『明清八家文』について
  第六章 内藤湖南の章實斎顕彰に刺激された中国の学者
 附 録 関西大学と二松学舎大学における講演
 あとがき
 口絵集 図版・画像出典一覧
 関連論考一覧
 索 引