関西大学出版部

カートを見る

ポピュリズムの現代 比較政治学的考察

電子書籍はこちら

丸善 Knowledge Worker
紀伊國屋 KinoDen
土倉 莞爾 著
 
 
 
判 型 A5判
ページ 400頁
定 価 4,400(本体4,000円+税)
ISBN 978-4-87354-695-7
分類コード C3031
刊行年月 2019年03月

現代はポピュリズムの時代である。ポピュリズムの様相は国により異なるが、デモクラシーにとって重要なのは、それら一つ一つを解きほぐし対応していくことであろう。そのような視角から、フランスの大統領選挙を始めとする近年の選挙動向、イギリスのBrexit、日本の橋下徹と大阪維新の会を題材とし、個別に研究する。

目 次

まえがき

第1章 社会党の政権奪還―2012年フランス大統領選挙・総選挙の考察―
第2章 2014年フランス統一地方選挙とEU議会選挙におけるFNの躍進
第3章 パスカル・ペリノーのフランスFN(国民戦線)論
第4章 福祉国家とポピュリズム―フランスからの視角―
第5章 Brexitについて考える
第6章 「大阪都構想」問題の政治学的考察
第7章 18歳選挙権について考える
補論 書評:水島治郎著『反転する福祉国家:オランダモデルの光と影』(岩波書店,2012年)

あとがき
参考文献
索引