関西大学出版部

カートを見る

現実と落着 無のリアリティへ向けて

電子書籍はこちら

丸善 Knowledge Worker
紀伊國屋 KinoDen
山本 幾生 著
 
 
 
判 型 四六判上製
ページ 436頁
定 価 3,300(本体3,000円+税)
ISBN 978-4-87354-571-4
分類コード C3010
刊行年月 2014年02月

現実はどのように形成され、どこからどこへ向かい、どこに落ち着く処があるのか。本書はディルタイとショーペンハウアーの哲学を読解し、現実の様々な連関が織糸のように交差する〈私〉の直中にその当処を求める。そして静が動を否定するように現実の渦動を否定する無が〈私〉の直中でリアルに息づいているのかと問う。

目 次

はじめに 
凡例


第1章 現実の形成
 第1節 生の連関の探求―自然の斉一性に対して
 第2節 連関の経験―観念の連合に対して
 第3節 類比による連関―帰納による普遍に対して
 第4節 現実の経験―構造連関・獲得連関・作用連関

第2章 現実の理解
 第1節 解釈学と理解
 第2節 個から個へ、個と全体
 第3節 理解の対称性/非対称性
 第4節 理解のずれ

第3章 見えない現実
 第1節 再現
 第2節 想像力による類比
 第3節 意志
 第4節 見えない作用

第4章 鏡を介して <見る/見える> 現実
 第1節 鏡の世界
 第2節 鏡のこちら側、あちら側

第5章 落着
 第1節 自由
 第2節 無

第6章 無のリアリティへ向けて

おわりに
文献