関西大学出版部

カートを見る

西士與近代中國:羅伯聃研究論集  ロバート・トーム研究(研究と影印)

沈 国威 編著
 
 
 
シリーズ 関西大学東西学術研究所出版図書研究叢刊62
判 型 A5判
ページ 314頁
定 価 本体 4,600円+税
ISBN 978-4-87354-722-0
分類コード C3022
刊行年月 2020年03月

1834年来華したイギリス人ロバート・トーム(羅伯聃)が、イソップ寓話を中国語に翻訳したり、中国語と英語の学習書を執筆したりする文化活動だけではなく、アヘン戦争中、外交官としても活躍した。本書は、翻訳史、中国語・英語学習史、外交史の角度から当時の貴重資料を用いてロバート・トームの人間像と貢献に迫る。

目 次
序……沈國威
研究
羅伯聃對漢語語言學的貢獻……内田慶市
關於羅伯聃的「新」史料……蘇精
羅伯聃與〈虎門條約〉的翻譯……王宏志
《王嬌鸞百年長恨》的徳、英譯本及其譯者……李雪濤
《七奇圖説》與清人視野中的“天下七奇”……鄒振環
代後記:羅伯聃事蹟述略……沈國威
正音撮要(Chinese Speaker,1846)
執筆者一覽