関西大学出版部

カートを見る

顔をみること 表された顔をめぐる美術史・文化史的断章

蜷川 順子 
 
 
 
判 型 A5判上製
ページ 212頁
定 価 2,420(本体2,200円+税)
ISBN 978-4-87354-539-4
分類コード C3070
刊行年月 2012年03月

キリスト教教会などの境界域に見られるグリーンマン、ユトレヒト写本を中心とした初期中世写本、「我に触れるな」主題に関連するマグダラのマリアのイメージ、近代初期フランドル写本のクローズアップや、江戸期の狩野派や文人画の相貌表現など、洋の東西を問わず取りあげた、絵画や彫刻に表された顔をめぐる多面的考察。

目 次
口絵
まえがき
第1章「境界の顔」としてのグリーンマン(溝井裕一)
 1.謎に包まれた教会彫刻
   グリーンマンとは何者か
   「境界」とは何か
 2.「境界の顔」としてのグリーンマン美術
   グリーンマンの形態学
 3.教会における「境界の顔」としてのグリーンマン
   柱頭に登場するグリーンマン
   グリーンマンと門
   要石や図像の周縁に登場するグリーンマン
 4.結び
第2章 ユトレヒト詩篇の顔 中世絵画をたどる(鼓 みどり)
 1.『ユトレヒト』の顔を見る
 2.カロリング朝写本彩飾の顔
 3.アングロサクソンに移入された『ユトレヒト』の顔
 4.イングランド・ロマネスク写本の顔
 5.結び
第3章 庭で見つめる(バーバラ・バート 蜷川順子 訳)
    「我に触れるな」における身体と身体化
      15世紀ネーデルラントを強調しながら
 1.ノリ・メ・タンゲレの視覚的分析:
  マルティン・ショーンガウアーの銅版画
 2.ノリ・メ・タンゲレ図像の展開史概観の試み
 3.ネーデルラントとドイツにおける
   ノリ・メ・タンゲレの比較研究
 4.結び 身体と身体化
第4章 写本挿絵に見るクローズアップ(蜷川順子)
     ヘント=ブリュッヘ派と関西大学のフランドル写本
 1.ヘント=ブリュッヘ派とクローズアップ
  1-1.ヘント=ブリュッヘ派による写本挿絵の一般的特徴
  1-2.シモン・マルミオンと半身像による
    クローズアップの登場
  1-3.『メイヤー・ファン・デン・ベルフの聖務日課書』と
    クローズアップ
  1-4.『グリマーニの聖務日課書』とクローズアップ
 2.関大本とクローズアップ
  2-1.関大本の概要
  2-2.半身像によるクローズアップ
 3.結び
第5章 耳鳥齋の顔貌表現と狩野派及び写生派(中谷伸生)
     耳鳥齋、狩野典信、渡辺崋山
 1.狩野典信《竹林七賢図》における顔貌表現
 2.耳鳥齋の肉筆画と版本における顔貌表現
 3.渡辺崋山の《佐藤一齋像》の顔貌表現
 4.結び
 英文要約 English Summaries
 主要人名索引
 地名索引