関西大学出版部

カートを見る

東西文化の翻訳 「聖像画における中国同化のみちすじ

内田 慶市・柏木 治 編訳
 
 
 
シリーズ 関西大学東西学術研究所訳注シリーズ14
判 型 A5判上製
ページ 434頁
定 価 3,740(本体3,400円+税)
ISBN 978-4-87354-535-6
分類コード C3016
刊行年月 2012年04月

イエズス会の宣教師たちは、キリスト教を中国に伝えるとき、相手方の文化に身を置くという方法を採用した。その具体的な事例として、「聖像画」の中国化がある。本書は、この問題を扱ったデリアのイタリア語原書からの本邦初訳である。なお、ナダールの原画とアレニ、ローチャの中国化されたものも影印して収録した。

目 次
序 (松浦 章)
編者まえがき (内田 慶市)
訳者まえがき (柏木 治)

パスクワーレ・M.デリア
中国キリスト教美術の起源(1583年-1640年)
 緒言
  書誌略号
 第一章 新しい問題か、それとも古い問題か
 第二章 マッテーオ・リッチ神父の適応精神
 第三章 マッテーオ・リッチ神父によって中国に輸入された西洋絵画
 第四章 中国人画家たちによって実践されたヨーロッパ絵画の模写
 第五章 中国キリスト教美術の最初の才人たち
 第六章 1620年ごろの中国キリスト教美術15遺作品
 第七章 これら遺作品のもとになったヨーロッパの原画
  1620年ごろの中国キリスト教美術15遺作品および
  ナダルの版画より抽出した原画のコロタイプ印刷による覆刻
 第八章 ジュリオ・アレニおよびアダム・シャール・フォン・ベルの著作における中国美術
 結論

〈影印〉Adnotationes et Meditationes in Evangelia
〈影印〉誦念珠規程
〈影印〉天主降生言行紀像