関西大学出版部

カートを見る

松陰とペリー 下田密航をめぐる多言語的考察

陶 徳民 著
 
 
 
シリーズ 関西大学東西学術研究所出版図書研究叢刊63
判 型 B5判
ページ 162頁
定 価 本体 4,200円+税
ISBN 978-4-87354-723-7
分類コード C3021
刊行年月 2020年03月

開国初期の下田湾で演出された日米交渉のドラマを、米側の一次史料と約60点の貴重画像を用いて活写。松陰の旗艦滞留時間の特定、下田獄中の嘆願書の解読、ペリーが行った人道的介入の事実確認など重要な発見を満載。近代東西文化交渉の視野から、日・中・英三言語を駆使して「心が動いた」歴史的瞬間をキャッチした意欲作。

目 次

扉絵(付 図版・写真リスト)
序……沈国威
自序……陶徳民

第一部 「下田密航」に関する第一級史料の発見
第1章 松陰「投夷書」との邂逅および米艦「航海日誌」への追跡
(一)下田密航前後の吉田松陰「投夷書」二通との邂逅
(二)ペリーの旗艦ポーハタン号「航海日誌」への追跡

第2章 Turning Stone into Gold:Some Reflections on My Research about the 1854 Shoin‐Perry Encounter
Ⅰ.Taking the Second Rabbit Seriously:Shoin’s Petitions kept at Yale
Ⅱ.Fishing a Needle Out of the Ocean:The Logbook of Perry’s Flagship at NARA
Ⅲ.Turning Stone into Gold:Humanitarian Concerns Mattered in the Age of Gunboat Diplomacy
Ⅳ.Make Your Moon Whole by Making Sense of the Rays and Shadows Appendixes:The English Translations of Yoshida Shoin’s Petitions

第二部 「下田密航」に関する第一級史料の解析
第3章 ペリーの旗艦に登った松陰の「時間」に迫る―ポーハタン号の航海日誌における下田密航関連記事について
 付録 下田密航に関する松陰、ウィリアムズおよびホークスの記述

第4章 下田密航前後における松陰の西洋認識―イェール大学に残る「投夷書」をめぐって―
(一)西洋との落差への認知
(二)米国探索を目指した下田密航

おわりに
 付録「投夷書」考
 (1)「投夷書」の由来に関する追跡
 (2)「投夷書」の内容に関する検討
  1 漢文の本書について
  2 漢文別啓について
  3 和文別啓について

第5章 下田獄における第二の「投夷書」について─松陰の覚悟に対するペリー側の共感─
(一)ペリー側に渡した第二の「投夷書」およびその誤訳
(二)松陰の嘆願書に対するペリー側の反応

第6章 Solving the Puzzles of the Shimoda Incident:Shoin and Perry’s Dilemmas and Wisdom
Ⅰ.Shoin’s Letters to Perry
Ⅱ.Shoin: A Terrorist or a Strategist?
Ⅲ.Perry’s Dilemma:National Interest vs.Human Rights
Ⅳ.Concluding Remarks

第三部 近代東西文化交渉史のなかのペリー来航と下田密航
第7章 黒船のもたらした広東人旋風─松陰「投夷書」を写した羅森の実像と虚像
(一)「風雲児」の羅森
(二)「羅旋風」の正体
(三)誤解と理解の諸相

第8章 Negotiating Language in the Opening of Japan:Luo Sen’s Journal of Perry’s 1854 Expedition
Ⅰ.Chinese as a Medium in U.S.‐Japan Negotiations
Ⅱ.Luo’s Journal of Perry’s 1854 Expedition
(1)Explaining the Reasoning behind Japan’s Seclusion Policy
(2)An Eyewitness Report on the U.S.‐Japan Settlement
(3)Chinese Impressions of Social Life in Japan and Ryukyu
Ⅲ.Epilogue References

第9章 日美建交之初的「吉田松陰偷渡事件」的新解讀 ─十九世紀中葉美國「人權外交」的東亞版─
(一)導致《日美親善條約》簽訂的人道主義問題
(二)圍繞「吉田松陰偷渡事件」的人道主義問題
(三)十九世紀中葉美國「人權外交」的東亞版?

第10章 鯨油時代の砲艦外交と人道主義─下田密航をめぐる松陰の懇願とペリーのジレンマ
(一)万次郎の漂流と松陰の密航
(二)旗艦に登った松陰を尋問したウィリアムズ
(三)下田獄中の松陰の嘆願書を見たペリーの人道救援

付録
国際基督教大学アジア文化研究所「Asian Forum」講演要旨
カリフォルニア大学バークレー校東アジア研究所「IEAS Lecture」要旨
『関西大学通信』第308号一面記事「羅森に寄せた松陰の想い」
懐徳堂記念会「記念会だより」No.100 巻頭エッセイ
論文・記事初出一覧
あとがき