関西大学出版部

カートを見る

サーカス えも言われぬ美しさの、きらびやかにして、永遠なる

ラモン・ゴメス・デ・ラ・セルナ 著
平田 渡 訳
 
 
シリーズ 関西大学東西学術研究所出版図書訳注シリーズ19
判 型 A5判上製
ページ 544頁
定 価 本体 4,300円+税
ISBN 978-4-87354-628-5
分類コード C3097
刊行年月 2016年03月

サーカス〈番記者〉を自認するスペイン前衛派作家、ラモンが書き留めた、はらはらどきどきの、空中ブランコや綱渡り、曲馬の高度な技、そして観客に笑いをふりまき、心をなごませる道化師の練達の芸。ベル・エポックのパリとマドリードに花開いたサーカス文化の、馥郁たる薫りがただよう。文化人類学的に評価の高い作品。

目 次
目 次
 序
 皮肉屋のシルク・ハットをかぶって / サーカス・シーズン到来 / 皮切りの演目 /
 物静かな演目 / 幕開けのことどもをさらに詳しく / ちらりと目をやること /
 道化師 / 曲馬嬢 / サーカスの自転車乗り / 観客 / 通用門と扉 /
 奇想天外なことども / 曲芸師、奇術師、魔術師 / 休憩 / 鬼面人を驚かすような演目 /
 軽業師 / 催眠術師 / 日本人 / 動物 / 海豹もしくは海驢 / サーカスの人魚 /
 旅籠とサーカス / 蛇おとこ / しなやかな体をしたサーカスのおんな芸人 / 音楽 /
 舞台監督 / 昼の部の興行 / サーカスのポスター / 操り人形
 終 章
 補 遺
 あとがき