関西大学出版部

カートを見る

大島鎌吉というスポーツ思想 脱近代化の身体文化論

伴 義孝 著
 
 
 
判 型 A5判上製
ページ 778頁
定 価 6,050(本体5,500円+税)
ISBN 978-4-87354-557-8
分類コード C3023
刊行年月 2013年03月

技術革新とは「からだ働き性=動く・働く・作る」の代位装置である。過剰な代位は身体性の空洞化を招来させる。このまま運動不足現象が進めば、人間根本の自壊的虚弱化で生存が否定され、水平線の彼方に、原爆とは別の人類破滅の暗雲が立ちこめる。スポーツで何ができるのか。大島生命観がマイナス防止を怠るなと大呼する。

目 次
まえがき
序 章 スポーツで何ができるのか
第1章 スポーツの人
第2章 本書の研究目的
第3章 生の実践運動・その一
第4章 生の実践運動・その二
第5章 レクリエーション運動という視点
第6章 青少年問題という視点・その一
第7章 青少年問題という視点・その二
第8章 生産体育という視点
第9章 みんなのスポーツ運動という視点
第10章 オリンピック運動という視点・その一
第11章 オリンピック運動という視点・その二
終 章 センチュリープランという視点
あとがき
参考文献
人名索引